1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

丸井錦糸町店で「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」と「袖縁(そでえん)」の実証実験を実施

PR TIMES / 2021年9月30日 15時0分

丸井錦糸町店(株式会社丸井、本社:東京都中野区、取締役社長:青野 真博)は、株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:垣内俊哉、以下ミライロ)との共創の取り組みとして、「ミライロハウス TOKYO」を拠点に、視覚障がいのある方に向けたサービスの実証実験を実施します。



■実験実施の背景
丸井錦糸町店は年齢や性別に関係なく、高齢者、障がい者、外国人やLGBTQの方など、すべてのお客さまに楽しく安心してお買物いただけるよう、設備環境と接客の両面から、居心地の良い店づくりに取り組んでいます。2020年7月に、ダイバーシティ&インクルージョンに関する情報発信と交流の拠点として「ミライロハウス」がオープンしたことをきっかけに、車椅子や白杖などをご利用のお客さまのご来店が増えており、インクルーシブな店づくりに注力しています。その一環として、視覚障がいのある方に向けたサービス「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」と「袖縁(そでえん)」の実証実験を行います。
丸井とミライロは、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現をめざしています。その実現に向けて、これまでもユニバーサルマナー検定の実施や、店舗設計におけるユニバーサルデザインの導入など、さまざまな取り組みを行っています。このたびの実証実験を通じて、より一層の多様なお客さまの体験価値向上をめざします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3860/2768/resize/d3860-2768-594acb31edf4beda6390-3.jpg ]


◇これまでの取り組みについてはこちら
ユニバーサルマナー検定の実施
http://award.universal-manners.jp/company/maruigroup
製品のユニバーサルデザイン監修
https://www.mirairo.co.jp/blog/post-13005
施設・接客のユニバーサルデザイン監修
https://www.mirairo.co.jp/works/interview/post-10360
「ミライロハウス」をオープン
https://www.mirairo.co.jp/mirairo-house


■実証実験の概要

1.「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」

[画像2: https://prtimes.jp/i/3860/2768/resize/d3860-2768-647c37a62f7541db8658-0.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/3860/2768/resize/d3860-2768-6cbff2fd375d83d60730-1.png ]

<製品について>
「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」は、株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下「ACCESS」)、セイコーホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長 兼 グループCEO 兼 グループCCO:服部 真二、以下「セイコー」)、株式会社サカイシルクスクリーン(本社:福井県吉田郡、代表取締役社長:谷口 祥治、以下「サカイシルクスクリーン」)、PLAYWORKS株式会社(本社:埼玉県富士見市、代表取締役社長:瀧澤 啓太、以下「PLAYWORKS」)の4社により共同開発され、2021年3月18日(点字の日)に報道発表※1 されました。
視覚障がい者を安全に誘導するよう床面に敷設される薄型点字ブロックに、世界で初めて※2ソーラー発電型のBLE(Bluetooth(R) Low Energy)ビーコンを搭載した製品です。この点字ブロックを駅や空港の構内などに敷くことで、視覚障がい者のスマートフォンへBLE電波を発信し、道案内や施設案内をすることが可能になります。スマートフォンに接続したイヤホンを耳に装着しておけば、スマートフォンをカバンやポケットからわざわざ取り出すことなく、道案内などの情報を音声で確認することができます。
※1:2021年3月18日付報道発表の詳細はこちら
https://www.access-company.com/news_event/archives/20210318/
※2:ソーラー発電型ビーコンと薄型点字ブロックの組合せにおいて。(2021年3月18日現在、セイコーおよびサカイシルクスクリーン調べ)

◇「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」の詳細はこちら
https://wavee-plus.com/solar-beacon-in-tactile-paving/


<実証実験の詳細>
「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」のシステムを活用して、視覚障がいのある方に、丸井錦糸町店の店内を回遊し買い物をしていただきます。実際にサービスを体験いただくことで、商業施設での使用有効性や改善点を把握し、今後の開発に活用します。

【日程】 2021年10月7日(木)
【時間】 13時~16時
13:00 開始(ミライロハウス)
13:10 サービス・実証実験について説明
13:20 事前ヒヤリング
13:45 実証実験(4チームに分けれて店内を回遊、買い物)
15:00 事後インタビュー
16:00 終了
【場所】 丸井錦糸町店(ミライロハウスを起点に一部店舗内を回遊)
【参加者】 視覚障害のある方(合計4名)
【企画運営】 ACCESS、セイコー、サカイシルクスクリーン、PLAYWORKS



2.「袖縁(そでえん)」

[画像4: https://prtimes.jp/i/3860/2768/resize/d3860-2768-8dbb8cb58e01e2cb46ac-2.png ]

<製品について>
「袖縁(そでえん)」は、お店や駅などで、安全なマッチングと「あんちょこ/トリセツ(障がい特性やどんな時にどんな対応をして欲しいか)」により、「困りビト」と「助けビト」をつなぐアプリです。株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川雅俊、以下「JSOL」)と、株式会社袖縁(本社:東京都中央区、代表取締役:友枝敦、以下「袖縁」)にて推進しています。
「適切に対応してもらえるか不安」な要配慮者と、「どう助けたらよいかわからない」支援者のお互いの”心のバリア”を乗り越えるサービスです。このサービスを通じて、みんなが安心して出かけられる世界の実現をめざします。


<実証実験の詳細>
「袖縁(そでえん)」を活用し、視覚障がいのある方に、丸井錦糸町店の店内を回遊していただきます。実際に使っていただき、使用感や課題をヒヤリングし、今後の改善に活用します。

【日程】 2021年10月12日(火)
【時間】
(1回目)10時30分~13時30分
10:30 開始(ミライロハウス)/サービス・実証実験について説明
11:00 実証実験(2チームに分けれて店内を回遊)
13:00 事後インタビュー
13:30 終了
(2回目)15時~18時
15:00 開始(ミライロハウス)/サービス・実証実験について説明
15:30 実証実験(2チームに分けれて店内を回遊)
17:30 事後インタビュー
18:00 終了
【場所】 丸井錦糸町店(ミライロハウスを起点に一部店舗内を回遊)
【参加者】 視覚障害のある方(各回2名ずつ、合計4名)
【企画運営】 JSOL、袖縁



▼丸井錦糸町店
https://www.0101.co.jp/054/
※営業時間は変更となる場合がございます。最新情報は上記HPをご確認ください

▼丸井
https://www.0101.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング