1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【LINEリサーチ】勉強が「好き」な高校生は3割超、好きな教科では「数学」「体育」「音楽」が上位にランクイン 将来役立ちそうと思う教科は、「英語」が男女ともに1位、次いで「情報」という結果に

PR TIMES / 2021年9月7日 19時15分

LINEリサーチ、全国の高校生を対象に好きな教科や嫌いな教科に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約552万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。

このたびLINEリサーチでは、日本全国の高校生を対象に、勉強が好きな人・嫌いな人の割合や、好きな教科・苦手な教科などについて調査しましたので、その結果をお知らせいたします。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: https://research-platform.line.me/archives/38598170.html

※本リリース内のグラフ画像につきましては、「プレスリリース素材ダウンロード」より、ご確認ください。



■勉強が「好き」な高校生は3割超。女子高生と比べて男子高生の割合がわずかに高い結果に

[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/3310/resize/d1594-3310-19a04eb52d201ffbb963-0.png ]

まずは高校生に、学校の授業だけでなく塾や自分でする勉強などもすべて含め、勉強が好きかどうか率直な気持ちを聞きました。

全体で「好き」という回答が8%、「どちらかといえば好き」が26%で、合わせると34%の高校生は「勉強が好き」ということがわかりました。一方で「どちらかといえば好きではない」が39%、「好きではない」が28%で、合わせると66%の高校生が「勉強が好きではない」という結果になりました。
また男女別にみると、男子高生のほうが「勉強が好き」の割合がやや高くなっています。

■好きな教科/科目の全体TOP3は「数学」「体育」「音楽」

[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/3310/resize/d1594-3310-9d4f356ba8794453dd07-1.png ]

次に代表的な教科/科目の中から、高校生が好きな教科/科目について聞きました。
全体では「好きな教科/科目はない」との回答が5%で、ほとんどの高校生はなんらかの好きな教科/科目があることがわかりました。

全体TOP3は「数学」「体育」「音楽」という結果でした。全体2位の「体育」は、男女ともに2位にランクインしています。全体の4位以降は、「国語(国語表現、現代文、国語総合など)」「英語」「情報」と続きました。

男女別にみると、女子高生の1位は「音楽」、男子高生の1位は「数学」がランクイン。「数学」「化学」などの理系科目は女子高生よりも男子高生の割合が高く、「音楽」「美術」「家庭科」といった科目は男子高生よりも女子高生の割合が高い傾向がみられます。また、社会情報・情報科学・プログラミングなどの「情報」も男子高生の割合が高くなっています。一方、全体4位の「国語」は女子高生3位、男子高生5位と女子高生のほうが好きな人が多いということもわかりました。
過去の高校卒業後の進路に関する調査( https://research-platform.line.me/archives/36132149.html#2 )で、希望する学部についても女子高生は文学部、男子高生は工学・情報工学部がTOPにランクインしていました。

■苦手な教科/科目の全体TOP2は「数学」「英語」

[画像3: https://prtimes.jp/i/1594/3310/resize/d1594-3310-9c5accc757c62360a201-2.png ]

次に、代表的な教科/科目の中から、苦手な教科/科目を選んでもらいました。
全体では「苦手な教科/科目はない」との回答が2%となっており、ほとんどの高校生がなんらかの苦手な教科/科目があることがわかりました。

全体TOP2は、「数学」「英語」で、約半数の高校生が苦手と感じています。それぞれ、男女別でもTOP2にランクインしており、特に女子高生では「数学」が苦手な人が約6割と高い割合です。

男女別にみると、全体的に女子高生のほうが苦手な教科/科目を選ぶ割合が高くなっていますが、「国語」については、男子高生のほうが苦手と答えた人の割合がやや高くなっています。古文・漢文などの「古典」については、男女ともに約4割と高く、全体でも3位にランクインしました。
数学のほか、「化学」「物理」などの理系科目に苦手意識を持っている人の割合は、男子高生よりも女子高生のほうが高くなっています。
前のトピックで男子高生の好きな教科/科目では理系科目が上位でしたが、苦手な教科/科目でも上位にランクインしています。男子高生で好きな教科/科目1位は「数学」でしたが、苦手でも2位にランクインしました。

■将来役立ちそうと思う教科/科目のTOPは?男女共通で「英語」!

[画像4: https://prtimes.jp/i/1594/3310/resize/d1594-3310-1f3febbbbf58de3f1ee5-3.png ]

次に、代表的な教科/科目の中から、「将来役立ちそう」と思う教科/科目を選んでもらいました。

全体TOPは「英語」で、女子高生・男子高生でもそれぞれTOPとなりました。「英語」は前のトピックで苦手な教科/科目でも上位となっていましたが、「役に立ちそう」と思っている人は多いようです。全体2位は、社会情報・情報科学・プログラミングなどの「情報」でした。将来役立つと考える高校生は多いようで、女子高生・男子高生ともに2位にランクインしています。全体3位は、「政治・経済」がランクインしました。

3位以降をみると、「家庭科」が女子高生では3位、男子高生では7位にランクインしています。
また、男子高生では「数学」が4位にランクイン。そのほか、「保健」が女子高生7位、男子高生8位にランクインしました。

■長期休み中の宿題や課題、やるタイミングは?「休み中の思いついたときだけやる」タイプがTOP

[画像5: https://prtimes.jp/i/1594/3310/resize/d1594-3310-9171f1ea8ce04c9f43e9-4.png ]

高校生に今年のことだけではなく、昨年より前のことも含め「夏休みや冬休みなどの長期休み中の宿題/課題をやるタイミング」について、あてはまるタイプを聞きました。

全体でもっとも高かったのは、「休み中の思いついたときだけやる」派。女子高生では4割弱、男子高生でも3割強と高い割合の回答でした。次に高かったのは、「休みの終わりが近づいてからやりはじめる」という駆け込み派。こちらは男女ともに約2割が回答しています。「毎日コツコツ少しずつ進めていく」「休みに入って早めにやりはじめる」人よりも、思いついたときにやる、または後半に追い込まれてからやる人のほうが多数だということがわかりました。

男女別にみると「毎日コツコツ少しずつ進めていく」というコツコツ派は、女子高生よりも男子高生のほうがやや高くなっています。逆に「休みに入って早めにやりはじめる」というスタートダッシュ派は、男子高生よりも女子高生のほうが高い割合。そのほか、「休みの真ん中ごろにやりはじめる」派については、男女ともにあまり差はなく1割強でした。


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいり ます。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2021年8月3日
有効回収数:1043サンプル
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約552万人のアクティブモニターのうち10~29歳が50%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2021年8月時点

「LINEリサーチ」公式サイト: https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング