1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 音楽

PassCodeが「史上最大の危機」を乗り越え、武道館に夢を繋いだツアーファイナル

Rolling Stone Japan / 2021年12月22日 19時0分

PassCode「“STRIVE” for BUDOKAN Tour 2021 Final」ライブ写真(Photo by Shingo Tamai)

2022年2月12日に、いよいよ自身初となる日本武道館公演開催を控えるPassCodeが、メジャー3rdアルバム『STRIVE』を掲げた全国ツアー「”STRIVE” for BUDOKAN Tour 2021」を閉幕。阿刀 ”DA” 大志による、ツアーファイナル・Zepp Tokyo公演のライブレポをお届けする。ちなみにPassCodeは、本日12月22日に新体制初のライブDVD/BLU-RAY『PassCode Zepp Tour 2021 at Zepp Haneda』をリリース。そちらもぜひチェックしてみてほしい。

PassCodeにとって2021年はグループ史上最大の危機を迎えた年だった。メンバーの新型コロナウィルス感染に伴う度重なる公演延期、長年の体調不良の末に決断した今田夢菜のグループ勇退、Zeppツアー開始約3週間前に発表された新メンバー・有馬えみりの加入、そして多くのファンが不安視するなか始まった大規模ツアー――今年2月に「PassCode "STRIVE" for BUDOKAN Tour 2021」が始まった頃には誰もが想像しなかった出来事が続いた。しかし、彼女たちは強かった。周りの想像以上に強靭な精神を持ち、これまでとは別の形でグループをパワーアップさせるという信じられないことを成し遂げた。

12月16日にZepp Tokyoにて開催された「PassCode "STRIVE" for BUDOKAN Tour 2021」ファイナル公演はそんな彼女たちの総決算であり、来年2月に開催される日本武道館公演と、その先に待つ輝かしい未来への期待が膨らむ内容だった。




Photo by Shingo Tamai

事務所の後輩・Kolokolが新規ファンをがっつり獲得する素晴らしいパフォーマンスでフロアを温めたあとに4人は登場。オープニングナンバー「SPARK IGNITION」から「ATLAS」「Stealth Haze」とこのツアー定番の流れで攻め立てる。「定番」と書いたものの、新メンバー有馬が「"STRIVE" for BUDOKAN Tour」に参加するのはこれが初めて。実は、本ツアーのセミファイナルにあたるのは、今田が勇退し、有馬が加入する前に3人編成で行った8月の新潟公演だったのである。今年、PassCodeは3つの異なる編成でライブを行っており、これがPassCodeというグループを以前にも増して強固な集合体にした。

そんな彼女たちだからこそ、とんでもないことを平気でする。この日、1年前にリリースしたアルバム『STRIVE』の収録曲で唯一パフォーマンスしていなかった「Majestic」を、このファイナルというタイミングで初披露したのである。今年、彼女たちは十分に戦った。己と戦った。不満の声、不安の声と戦った。だからこそ、このファイナル公演を迎えられただけでも素晴らしいと言いたい。しかし、PassCodeはステージを重ねるたびに自分たちを包み込むようになった温かな空気には甘えず、そのときにできる最大限を見せ続けた。たしかに大変な一年だった。しかし、ステージに立つ者としてのプライドが最も顕著に表れたのが<2021年>というPassCodeの大きな転換点となる年だったのである。

嘘がない4人の生き様

今や当たり前のようにグループに馴染んでいる有馬は、初舞台からまだたった3か月。9月に行われたZepp Haneda公演を収めた映像作品「PassCode Zepp Tour 2021 at Zepp Haneda」が本日12月22日にリリースされるが、今の彼女はこのときともまったく違う。ほぼ未経験だったダンスは驚くべきスピードで成長し、最も得意とするシャウトは彼女流のアレンジを加えるまでになっている。

ここぞという歌唱パートを任されることが多い大上は、序盤の「ATLAS」におけるパフォーマンス中にアクシデントでむせてしまったことで喉の調子を悪くしてしまった。しかし、その不調を引きずらずにしっかりメンタルをコントロールし、キメるべきところは決して外さず、プロフェッショナルらしい姿勢を見せた。様々な方法論を模索しながら、彼女は少しずつ心・技・体を極めようとしているのである。

メンタルと言えば、本当に安定した姿を見せ続けているのが高嶋楓。本人は現状にまったく満足していないようだが、歌、ダンス、独特なMCにおける安心感はグループが成長するに従ってかなり重要度が増している。以前はグループ1のアイドル性が多くのファンを惹きつけていたが、いまやそこに留まらない技術に注目が集まっている。

PassCodeのスポークスパーソンである南菜生も今年著しく成長した。かつては<煽り担当>、今はPassCodeの<エンジン>。グループを代表して言葉を紡ぐからこそそれに見合ったパフォーマンスを見せなければならないという彼女のストイックなプロ魂は、しなやかなダンス、力強くもセクシーな歌声といった表現にことごとく変換されていった。










Photo by Shingo Tamai

PassCodeは電子音と攻撃的なロックサウンドを融合したピコリーモと呼ばれるジャンルに強烈なシャウトを乗せることを武器にしてのし上がってきたグループで、そこを高く評価されることが多いが、それはこのグループを過小に評価することになるような気がしている。4人はサウンドプロデューサーから渡された曲を言われたとおりにパフォーマンスしているのではない。

自分はドキュメンタリーのカメラマンとして毎公演彼女たちに密着しているのだが、楽屋にいるときとステージにいるときの雰囲気が限りなくイコールになってきていることに最近気がついた。人前に出るからスイッチを入れるのではなく、普段の生き様がそのまま歌、ダンス、言葉に反映されている。それはこの日も同じ。つまり、PassCodeには嘘がない。多くの人が彼女たちに付いていきたいと思うのは、日本武道館公演を見届けたいと思うのは、そういうことが感覚としてフロアに伝わっているからなんだと思う。

日本武道館はPassCodeにとって大きな節目になると多くの人が考えている。もちろん、4人も大事な場所、大事な公演だということはわかっている。しかし、そこに対する気負いはいい意味でまったく感じさせない。パフォーマンスする場所や目の前にいる人の数に臆することなく、ただいいパフォーマンスを見せることにフォーカスしている。だから浮足立っていない。正直、アスリートみたいだと思う。それぐらい2021年という年はPassCodeをあらゆる面で前進させた。しかも、過去を捨てるのではなく、今田夢菜をはじめ、PassCodeに関わってきた一人ひとりの想いをすべて九段下へ連れて行こうとしている。

この日はツアーファイナルということで、特別にアンコールで2曲を披露した。有馬加入後初披露となる「Tonight」と、彼女の初ステージとなった9月の仙台公演で不安げな観客を一発でぶっ飛ばした「Taking you out」だった。アンコール前、ちょうど3年前の2018年に開催された「PassCode Taking you out TONIGHT! Tour 2018」のオープニングSEが鳴り響き、当時と同じように「Tonight」が始まるのだった。有馬のシャウトを中心に爆走する「Taking you out」でライブのエンディングを迎えるのはこれが初めて。感動的に締めるのではなく、まだまだ続きを感じさせる終わり方だった。2021年はもうすぐ終わるが、PassCodeの1年はこれから始まる。来年1月から2月にかけてファンクラブ会員限定のライブを3本行ったのち、4人はついにグループ史上最も大きな頂に挑むのだ。



『PassCode Zepp Tour 2021 at Zepp Haneda』
発売中
DVD盤[DVD+LiveCD] 6,050円(税込)
Blu-ray盤[Blu-ray+LiveCD] 7,150円(税込)
視聴・購入: https://umj.lnk.to/2021ZeppHaneda



PassCode日本武道館公演
2022年2月12日(土)東京・日本武道館
チケット: http://eplus.jp/passcode-budokan/

PassCode Linkage Tour 2022
2022年1月18日(火)東京・Spotify O-EAST
2022年1月19日(水)東京・LIQUIDROOM
2022年2月05日(土)大阪・なんばHatch
チケット: https://fannect.jp/passcode-linkage/

PassCodeオフィシャルサイト: https://passcode-official.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください