[静岡県]性暴力被害者のためのインターネット・チャット相談を開始

政治山 / 2020年10月28日 14時15分

スマートフォン

※写真はイメージです

 静岡県(372万6500人)が開設した、県性暴力被害者支援センターSORA(そら)は、性暴力被害にあっている人からインターネットで相談を受け付ける、インターネット相談「SORAチャット」を開始した。

 SORAは、性暴力被害者の心身の健康の回復を図るため、行政、医療機関、カウンセラー、弁護士、警察などの関係機関が連携し、身体的・心理的ケアや、法的支援、警察等の関係機関への付き添いなどをワンストップで行うセンター。専門的な研修を受けた女性相談員が話を聞き、様々な機関が連携し、相談者を支えている。具体的には、協力病院による身体的ケアや精神科医・臨床心理士・カウンセラーなどによる心理的ケア、県弁護士会による法的支援などがある。

 SORAチャットで相談するには、専用のQRコードやURL(https://sorachat.jp)からインターネット上の「チャットルーム」にアクセスして相談内容を送信する。従来からの電話による相談と合わせて24時間365日相談を受け付けており、相談無料(通話料別)。相談者の年齢・性別は問わず、家族や友人が被害に遭ってしまった人からの相談も受け付けている。

(月刊「ガバナンス」2020年9月号・DATA BANK2020)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング