SM練習生のテヨン、中学時代に起こしたネット詐欺問題について事務所が公式謝罪

THE FACT JAPAN / 2014年12月11日 13時50分

© S.M. Entertainment


SM ROOKIESのメンバーとして知られているテヨン(19)が、過去にインターネット上の中古取引で問題を起こしていたことについて、所属事務所のSMエンターテインメントが公式的に謝罪した。
SMは10日「中学時代、分別なく間違った行動を起こしたことについて、テヨンは深く反省しております。被害者の方々には心よりお詫び申し上げます。テヨン本人だけではなく、事務所としても良い実力と正しい品性を持つアーティストに成長できるよう努力します」と伝えた。
テヨンは中学生だった2009年、韓国のある中古売買サイトで商品を受け取っては代金を支払わなかったり、不良品を売るなどのトラブルを起こした。これについて最近ネット掲示板には、彼の過去を暴露する書き込みが掲載され、多くのネットユーザーから批判を受けた。
デビューを控えているテヨンは、同じ所属事務所のガールズグループであるRed Velvetの新曲『Be Natural』のフィーチャリングを務め、一躍注目を浴びた。ハンサムなルックスとスタイルですでに多くの女性ファンを確保している。
THE FACT|パク・ソヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング