実力派バラーダーPOSITION、初の東京ライブ「ホンデ街で・・」を開催!

THE FACT JAPAN / 2013年11月11日 23時33分

THE POSITION(ザ・ポジション)のデビュー以来初となる東京での単独ライブ公演「ホンデ街で・・」が9日と10日二日間、都内新大久保にあるK-Stage O!で行われた。|撮影:安宰範


[スポーツソウルジャパン|安宰範] 韓国歌謡界の実力派バラーダーのTHE POSITION(ザ・ポジション、実名:イム・ジェウク、39)(以下、POSITIONと表記)が、東京での初単独ライブ公演「ホンデ街で・・」を9日と10日の二日間、都内新大久保にあるK-Stage O!で行った。
1996年1stフルアルバム『後悔なき愛』でデビュー。『おまえに』(1996年)、『Remember』(1997年)、『恐れのない愛』『Paradise』(1998年)、『Blue Day』(1999年)、『おまえが去った後』(2000年)など、継続して毎年ヒットを記録。故 尾崎豊さんの『I Love You』(2000年)は韓国盤でカヴァーして大ブレイクし、2001年韓国の「第16回ゴールデンディスク賞」で本賞を受賞した。その後も『再会』『短い縁』(2001年)、5thフルアルバム「The Romanticist」の『最後の約束』(2002年)がまたも大ブレイク。『Desperado』(2003年)、6thフルアルバム「愛歌」の『なぜか』『ハル』(2007年)の以来は、韓国ドラマの劇中歌(OST)で活動。今年の3月、6年ぶりのミニアルバム「春への願い事」を発表し、9月13日にはデジタルシングル『ホンデ街で・・』(홍대거리에서)がリリースされ、今年の秋をバラード色に染めながら、精力的な活動を予告している。


東京での初ライブ公演となった「ホンデ街で・・」の4回目公演が開かれる10日午後、開演に先立ってK-Stage O!のステージで短なインタビューが行われた。
Q:東京公演は初めてとお聞きしていますが、今回の公演に来られなかったファンの方に一言お願いしますPOSITION:実は大阪で、毎年レギュラーのディナーショーを開きましたが、東京でのコンサートは初めてです。とても心新しいく、ファンの方々も熱い反応で大きな拍手を送ってくださったので、すごく嬉しいですし、これからもいい機会があればまた日本に来たいです。
Q:今年3月に6年ぶりのミニアルバム『春への願い事』を発表され、9月にシングル『ホンデ街で・・』がリリースされました。この2曲について説明してくださいPOSITION:日本での活動を終えた後、帰国してミニアルバムを準備しました。当時は時期的に春でしたので、悲しいバラードよりはミディアム・テンポの曲がいいと思いましたので、イ・スンチョルさんのヒット曲を手がけたホン・ジニョン作曲家に、『春への願い事』をいただきました。そして『ホンデ街で・・』は、秋に向けて出した曲でアン・ヨンミンさんから頂いた曲です。別れた男性が最愛の人とホンデ(地名:ソウル・弘益大学校街を弘大(ホンデ)と略していう。若者の街)街に残した思い出を浮かべながら歌うバラードです。この曲は僕自身が持っているバラードの感情をそのまま乗せた、悲しくて哀絶なラブストーリーがこもっています。
Q:「I Love You」(2000年12月)アルバムでは、日本のトップアーティストTUBE、サザンオールスターズ、安全地帯、尾崎豊、山根康広さんなどのヒット曲を歌いましたが、今後また日本の名曲をリメイクして歌う予定はありますかPOSITION:「I Love You」を出した当時韓国では、日本の曲をカヴァーして歌ったりするのがトレンドで、真似する曲も中ではありました。僕はそれより、本当にいい名曲をちゃんとリメイクして収録したいと考えて、アルバムに10曲くらいを収録しました。そのアルバムを作る時は、未公開のリメイク曲も5曲ほどあったんですが、それほど総力をかけて作ったアルバムですので後悔もなく、思い切って好きな日本の曲を歌いましたので、その後からは考えたことがないですね。もしこれからまたいい機会がありましたら、旺盛に活動されている日本のアーティストさんからオリジナル曲をいただければと思います。Q:日本のアーティストの中で、親交のある方はいますか?POSITION:僕がお父さんと呼んでいる谷村新司さんです。谷村さんの曲『なつめの木』を頂いて作詞にも参加させてもらって、シングルをリリースしたこともあります。それから、浜田省吾さんの1991年シングル「もうひとつの土曜日」をリメイクした『Blue Day』(1999年)を歌ったことで、ご自分のコンサートに招いて頂いて行ったことがあります。
Q:“ラブソングといえばPOSITION”ですが、今、恋はしていますか?POSITION:ガールフレンドがいたりいなかったりしてて…(笑)。僕の声が切ないバラードに向いているので、そう言われていると思いますけど、実際僕の性格は実はダンスに向いてるんです(笑)。まあ、声がバラードに合っているので、主にそういう歌を唄ってきましたが。今は皆さんに紹介するくらいの人はいないです。歳もありますし、会うとしたら正式に交際することになりますので、慎重に考えていきたいと思います。
Q:昨日と今日の昼の公演が終わって、これから最後の公演になりますが、来てくださったファンの方の中で、記憶に残る方はいましたか?もしくは、公演のたびにいらっしゃる方は?POSITION:そうですね。韓国公演にもいらっしゃいますし、いつも来てくださる方々がいます。僕にとってファンは、とっても大切な存在ですし、僕は日本であまり知られていないので、その中で僕のことを想って応援してくださるファンの方は、本当に大事にしていきたいと思います。Q:東京での初公演のご感想はいかがですか?A:正直今回の公演は、宣伝には力を入れなかったです。ただ僕とファンの方のために、そしてブランクがあっただけに、これからのために投資する意味で公演を準備しました。せっかくの東京公演なので、ちゃんとしたライブを披露したいと思ってバンドも連れてきました。早く日本ファンの皆さんにお会いしたかったし、僕にとってすごく気持ちのいい公演でした。正直6年という時間に、僕はこれっといった成果がなかったと思います。それが大きな後悔となっていますので、ひとりひとり大切なファンの方に早く会いたい、これからはもっとファンの方に接していい歌をたくさんお聴かせたいと思いました。ですので、僕は小劇場でも大劇場でも規模は関係なく、公演を開くことに大きな意味があります。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング