桜田ひより、白石聖、今田美桜…4月ドラマでキラッと光るフレッシュ女優たち

日本タレント名鑑 / 2018年4月27日 14時6分

4月スタートのドラマも初回放送が出揃い、放送前から話題になっていた主人公、メインキャスト以外でも、気になるキャストが見つかったという人もいるのではないでしょうか。今回はそんななかでも、主にこれからが楽しみな若手女優を中心に、キラッと光るサブキャストを紹介します。

■話題の“花晴れ”ではイケメンだけでなく女優にも注目

 

あの『花より男子』の流れをくむ物語として放送開始前から大いに話題になっていた『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)。なんといっても“F4”に続く“C5”のイケメン俳優たちが注目されていますが、主人公・江戸川 音役の杉咲花さんをはじめ、女性キャストからも目が離せません。

 

まず“C5”に唯一女性で参加しているお嬢様で、ツインテールが可愛い真矢愛莉役の今田美桜さん。現在21歳で、もともと地元の福岡で活躍し“福岡で一番可愛い女の子”として評判になり、2016年に満を持して上京。これまでドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ/フジテレビ系)、『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)、映画『デメキン』などに出演しています。小悪魔的な令嬢役ということで、これまでの彼女にはない面を見られそうで期待です。

 

そして、人気モデル“メグリン”こと西留めぐみ役の飯豊まりえさん。この欄で紹介するに迷うほど、すでに人気女優となっている飯豊さんですが、改めて紹介すると飯豊さんは『nicola』のモデルからスタートし現在は『Seventeen』の専属モデルとして活躍。女優としては映画『きょうのキラ君』でヒロイン役を演じたり、『暗黒女子』で主演するなど注目され、ドラマ『マジで航海してます。』(主演。MBS/TBS系)、『嫌われる勇気』(フジテレビ系)にも出演しています。また『にじいろジーン』(カンテレ/フジテレビ系)のアシスタントMCとしても人気です。今回は人気モデル役ということで彼女の等身大の役柄。飯豊さんの魅力がよく表れています。

 

■子役から主役もこなす女優へ  桜田ひよりさんは中谷美紀さんの娘役

 

『あなたには帰る家がある』(TBS系)で、中谷美紀さん演じる主人公・佐藤真弓の一人娘・麗奈役を演じているのは桜田ひよりさん。もともと子役として活躍、2014年に放送された芦田愛菜さん主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)の“ピア美”役で注目されました。

 

最近ではドラマ『相棒』(テレビ朝日系)、『ホクサイと飯さえあれば」(MBS/TBS系列)、映画『にがくてあまい』『東京喰種 トーキョーグール』などに出演。そしてドラマ & 映画『咲 -Saki- 阿知賀編』では初出演を果たしています。『あなたには〜』では“理想の娘”感がよく出ていますが、話が進む中で彼女の演技派の面も見たいものです。

 

■Sexy Zone・佐藤勝利さんの同期のあのコは!? 要チェック新人・白石聖さん

 

『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)でSexy Zone・佐藤勝利さん演じる斉藤博史の同期の新入社員・藤堂真冬役を演じる白石聖さん。本格的な連ドラ出演は初めてということで、「あの子は誰?」とSNSなどで評判になっています。明るい女の子ながら、博史らとともに研修で椿に翻弄されていくという役柄です。

 

白石さんは2016年から活動を開始。これまでCMや主に単発でのドラマ出演を経験してきました。また最近では『痛快TV  スカッとジャパン』(フジテレビ系)の『胸キュンスカッと』のコーナーでヒロイン役を演じ、そのみずみずしい存在感で話題になりました。

■『ブラックペアン』には看護師や研修医役で注目のフレッシュキャストが

 

嵐の二宮和也さんが冷徹な辣腕医師役を演じて話題の『ブラックペアン』(TBS系)はそのキャストの豪華さで話題ですが、そんな中、若手女優のキャストも注目です。

 

看護師・花房美和役として、NHK朝ドラ『わろてんか』でヒロインを務めた葵わかなさんが、朝ドラ後初の連続ドラマ出演しているのが話題ですが、その美和の同僚看護師役として水谷果穂さん(宮元亜由美役)が出演。そして今最も旬な若手俳優の一人・竹内涼真さんが演じる研修医・世良雅志の同期の研修医・島津塔子役として岡崎紗絵さんが出演しています。

 

まず水谷さんは、これまでドラマ『ナポレオンの村』(TBS系)、『こえ恋』(テレビ東京系)などに出演している20歳。この春から『Going!Sorts & News』(日本テレビ系)のお天気キャスターとして出演。ファン層の幅を広げています。

 

岡崎紗絵さんは現在22歳。2012年『ミスセブンティーン』に選ばれモデルとしてキャリアをスタートし、現在は女優としても活躍。映画『ReLIFE リライフ』やドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ/フジテレビ系)、ドラマ & 映画『咲-Saki-阿知賀編』などに出演しています。今後回が進む中で彼女たちが目立つ回が出てくることが楽しみです。

■まだまだある  注目女優が出演する新ドラマ

 

一風変わった学園ドラマのNHK『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』。主人公の弁護士・田口章太郎がスクールローヤーとして派遣される中学校で、モンスターペアレントに悩まされる生真面目な若手教師・望月詩織役を演じているのが岸井ゆきのさん。現在26歳で、役者としては10年のキャリアをもつ彼女は、『ピンクとグレー』などに出演し、特に映画の世界で高い評価を得ている印象です。現在放送中の『モンテ・クリスト伯--華麗なる復讐--』(フジテレビ系)にも出演中。どちらかといえば“個性派女優”の印象で、NHK大河ドラマ『真田丸』でも少ない出演シーンながら大きなインパクトを残しました。

 

中学を舞台にしている作品ながらあくもでもメインとなるのは教師側ですが、そんななか生徒役のキャストの中で、将来有望な若手を捜すのも楽しみです。須藤理彩さん演じる山下久恵の娘・未希役で、第4話から出演する森七菜さんも今後が期待の一人。劇中いじめのターゲットにされる役を熱演しています。現在16歳の森さんは2016年に行定勲監督作品のネスカフェwebムービーでデビュー。翌年には園子温監督によるオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』でヒロイン役に抜擢されています。昨年放送のドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)にも生徒役の一人として出演しています。

 

上記以外の作品でも注目作品はまだまだあります。新川優愛さん主演のドラマ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ/フジテレビ系)では、新川さん演じる主人公・瑠美の同級生の親友・千夏役の伊藤沙莉さん、その妹・美幸の八木優希さんは、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』以来の共演(『ひよっこ』では同じシーンはほぼなかったですが)。

 

テレビ東京の新ドラマ枠で、硬派のビジネスドラマの『ヘッドハンター』で洋食屋の看板娘・及川百合役を演じているのは山賀琴子さん。主人公・黒澤が心を許す存在という役柄です。今回紹介した若手女優の中で、近い将来大きくブレイクする人もいるはず。ぜひ今のうちからチェックしておきたいところです。

文/田中裕幸

日本タレント名鑑

トピックスRSS

ランキング