1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ビックカメラの株価はどうなるのか。営業益は4割減、2022年度第1四半期決算は何が低調だったのか

LIMO / 2022年1月23日 18時35分

写真

ビックカメラの株価はどうなるのか。営業益は4割減、2022年度第1四半期決算は何が低調だったのか

ビックカメラ(3048)は2022年1月13日、2022年8月期Q1の決算を発表しました。

今回は同社の決算発表資料をもとに、業績内容について解説をしていきます。

それでは早速、売上高や営業利益などの決算概要について見ていきましょう。

決算での売上高と営業利益はどうだったか

売上高は1790億円、営業利益は22億円、経常利益は30億円、純利益は12億円となりました。

なお、同社は今期から会計基準を変更しています。

旧基準ベースでは、売上高は1858億円(前年同期比-7.4%)、営業利益は20億円(同-46.1%)となります。

出所:ビックカメラ「2022年8月期 第1四半期決算短信」

それでは、具体的に各事業の動向がどうであったかを振り返りましょう。

事業の動向はどうであったのか

以下、今回の決算における経営状況のポイントとなります。

ポイント

スマホ、冷蔵庫などが好調。ゲーム、エアコン、パソコンなどが低調。

コロナ対策で都市部では営業時間短縮を継続。一部店舗では臨時休業を継続。

以下、決算短信「1.当四半期決算に関する定性的情報」より引用

当家電小売業界における売上は、スマートフォン等が好調、冷蔵庫等が堅調に推移いたしましたが、ゲーム、エアコン及びパソコン等が低調であったため、総じて低調に推移いたしました。


本感染症による当社グループへの影響につきましては、都市部のビックカメラを中心に営業時間の短縮を継続するほか、一部店舗(Air BicCameraの一部)では臨時休業を継続しております。

出所:ビックカメラ「2022年8月期第1四半期決算ご参考資料」

品目別売上高を見ると、オーディオや季節荷電、パソコン本体、ゲームが2~3割減少しています。

一方、理美容家電や携帯電話、中古パソコン、玩具は比較的伸びています。

では、月次動向も振り返っておきましょう。
 

【出所】株式会社ビックカメラ「2022年8月期第1四半期決算ご参考資料」

月次売上高を見ると、2021年11月の落ち込みが大きく、特に、情報通信機器商品は3割減となっています。

まとめにかえて

今回の決算発表で、業績見通しや配当に関する修正はありませんでした。

一方で、同社は決算と併せて、上限600万株(自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合:3.41%)の自社株買い計画を発表しました。取得期間は2022年1月14日~6月30日です。

コロナ禍で巣ごもり需要が膨らんでいると見られる中、ゲームやエアコンなどがまさかの低調となりました。厳しい事業環境下、今後の施策に注目です。

参考資料

株式会社ビックカメラ 株主・投資家情報トップ(https://www.biccamera.co.jp/ir/index.html)

株式会社ビックカメラ 2022年8月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(https://www.biccamera.co.jp/ir/news/pdf2022/20220113.pdf)

株式会社ビックカメラ 2022年8月期第1四半期決算ご参考資料(https://www.biccamera.co.jp/ir/library/pdf2022/settlement_20220117.pdf)

株式会社ビックカメラ 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(https://www.biccamera.co.jp/ir/news/pdf2022/20220113_02.pdf)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください