5日(金)の天気 東京など太平洋側で梅雨空 夜は雨の可能性

ウェザーニュース / 2019年7月4日 16時50分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東や九州南部などで夕方以降に雨
・九州北部から京阪神は蒸し暑い一日
・北日本は雲優勢、北海道は傘の出番


予想天気図 5日(金)9時

明日5日(金)も梅雨前線が日本の南岸に停滞します。

前線に近い太平洋側で雲が広がりやすく、九州南部や関東などは夕方から夜にかけて一時的に雨が降りそうです。

日差しが出るエリアは暑さが厳しくなります。

関東や九州南部などで夕方以降に雨

雨雲の予想 (5日21時)

梅雨前線に近い九州南部や近畿南部、関東などは厚い雲に覆われ、梅雨空となります。夕方から夜にかけて雨が降りやすくなるものの、強い雨が降る地域は限定的となりそうです。

一方、沖縄や奄美は雨の一日で、ザッと強まることがあります。

九州北部から京阪神は蒸し暑い一日

前線から少し離れている九州北部や中国、京阪神にかけては雲が多めながらも日差しが届きます。強い日差しで気温が上がって、30℃を超える所が多くなりそうです。

湿度は高めで蒸し暑くなるため、外出時は熱中症対策が欠かせません。

北日本は雲優勢、北海道は傘の出番

上空の気圧の谷が通過する影響で、北日本は雲の広がります。特に北海道は雨が降りやすく、お出かけには傘が必須です。

北海道の気温は今日4日(木)ほどは上がらず、雨が降ると空気が冷たく感じられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング