今日も厳しい暑さ 10時前から猛暑日に 熱中症に警戒を

ウェザーニュース / 2020年8月28日 11時14分

ウェザーニュース

今日28日(金)も残暑が厳しく、新潟県内では10時前にすでに35℃を超えた所があります。

北陸や東北南部ですでに猛暑日

10時30分の段階で最も気温が上がっているのは新潟市にある松浜(新潟空港)で35.8℃を観測しています。

新潟市も35℃を超え、山形県鶴岡でも10時過ぎに35℃を超えて17日ぶりの猛暑日、すでに5地点で猛暑日です。

引き続き、南からの暖かな空気が山を越えて熱い風となって吹き降りるフェーン現象が発生して、日本海側を中心に気温が上がっています。

このあとも体にこたえる暑さ

午後にかけても気温はさらに上がって、日本海側や内陸を中心に猛暑日となる地点が続出します。北海道でもこの時期としては気温が上がる見込みです。

関東でも東京や神奈川など1都4県で熱中症警戒アラートが発表されていて、熱中症のリスクが高くなっています

できるだけ昼間暑い時間の外出は控え、エアコンや換気などで室内温度を調整するようにしてください。また、適度な水分や塩分補給をするなども必要です。

西日本は変わりやすい天気で蒸し暑い

一方、西日本では、南からの湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、所々で雨が降っているため、昨日ほど気温が上がっておらず、昨日まで2週間猛暑日が続いていた大阪では、まだ30℃に届いていません。

このあとも昨日ほど気温が上がらない所が多いものの、湿度が高く蒸し暑くなります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング