1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

台風14号(チャンスー)発生 暴風域伴い沖縄の南へ 今後の進路に注意

ウェザーニュース / 2021年9月7日 10時20分

ウェザーニュース

9月7日(火)9時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風14号(チャンスー)になりました。

このあとは発達しながら太平洋高気圧の縁に沿うようにして北西に進み、暴風域を伴って台湾や沖縄方面に向かう予想です。また、その先で転向して本州方面に向かうおそれもあるため、今後の情報に注意してください。

▼台風14号 9月7日(火)9時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 20 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

暴風域を伴って沖縄に接近のおそれ

世界各国の気象シミュレーションモデル比較

気象庁の予報では、台風14号は5日後の12日(日)9時には沖縄の南にあって、中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/sで、暴風域を伴った強い台風に発達していると予想されています。

台風14号は、太平洋高気圧の勢力や昨日フィリピン付近で発生した台風13号との作用で、今後の進路の予想が難しくなっています。

世界各国の気象シミュレーションモデルを比較すると、台風14号は週末にかけて台湾や沖縄方面に近づく予測が多くなっています。その後の予測はさらに不確実性が高いものの、転向して東シナ海を進み、九州や本州などに近づく可能性も捨てきれません。

まだ予報の不確実性が高いため、今後の最新情報に注意してください。

今月2つめの台風発生

平年の台風発生数

昨日6日(月)にはフィリピン付近で台風13号が発生していて、2日連続の台風発生となりました。今年9月に入り2つめの台風発生です。

9月は徐々に太平洋高気圧の勢力が弱まることで、台風が発生したときの進路が日本列島にかかりやすくなります。

統計では、1年の中で台風の発生が最も多いのは8月ですが、日本への上陸が最も多いのは9月となっています。秋の台風は油断がで来ませんので、しっかり台風への備えを行うようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風14号の名前「チャンスー(Chanthu)」はカンボジアが提案した名称で、花の名前からとられています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング