1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

虹色現象や長く伸びる飛行機雲 天気下り坂へ向かう兆し

ウェザーニュース / 2021年11月29日 10時20分

ウェザーニュース

今日29日(月)の日本列島は高気圧に覆われて、全国的に晴れている所が多くなっています。上空の高い所に薄い雲が広がり、各地で虹色現象が現れました。

各地で虹色現象が出現

移動性の高気圧は今朝の段階で関東付近に中心があり、午後にかけては海上に離れていく予想です。高気圧の西側には上空に湿った空気が流れ込んでいて、すじ雲などと呼ばれる巻雲の広がっている所が多くなっています。

巻雲は氷の粒で構成されており、この氷の粒が太陽の光を屈折させることで、様々な虹色現象が現れます。岡山県岡山市では空の高い所で弓なりの虹が見えています。環天頂アークと呼ばれる虹色現象のひとつです。

長く伸びる飛行機雲も

千葉県銚子市で見られた飛行機雲

また、空の高い所には長く伸びる飛行機雲も各地で見られました。

氷の粒でできた飛行機雲は、空気が乾いているときは、すぐに周囲の空気と混ざって消えてしまいます。逆に、飛行機雲が現れていつまでも消えないときは、上空の空気が湿っているということになります。

虹色現象や長く伸びる飛行機雲は、高気圧が次第に東へ去って、晴天が終わりに近づいている兆しです。今日はまだ大きな天気の崩れがないものの、明日30日(火)は西から天気が下り坂で、午後には九州などから雨が降り出す予想となっています。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください