仕上げのバターソースがたまらない! 15分でできる「ポークハワイアン」

Woman.excite / 2018年7月31日 8時0分

写真

常夏の楽園、ハワイにはおいしい料理がいっぱいです。そこで今回は、日本の夏にもぴったり、今すぐ作りたくなるハワイらしいレシピをご紹介します。

豚肉と相性抜群のパイナップルを使ったポークハワイアン。パイナップルと豚肉とバターソースが織りなす絶品料理です。お肉が柔らかく仕上がるのは、豚肉の筋を切る下ごしらえをしっかりやってこそ!
メインディッシュが15分という短時間で出来上がるため、忙しい日にも大助かりしそうですよ。リゾート気分をおうちにいながら楽しめる今回のメニュー。ぜひ、作ってみてくださいね。

■ポークハワイアン

調理時間 15分 1人 339Kcal


レシピ制作:E・レシピ



<材料 2人分>
豚肉(トンカツ用) 2枚
 塩コショウ 少々
パイナップル(輪切り) 2枚
サヤインゲン 2本
 塩 少々
<調味料>
 バター 10g
 しょうゆ 大さじ1
 塩コショウ 少々
 コーンスターチ 小さじ1
 白ワイン 大さじ3
サラダ油 小さじ2

<下準備>
・豚肉はすりこ木で軽くたたいてのばし、脂身と赤身の境目に4~5カ所切り込みを入れて筋を切り、両面に塩コショウを振る。



・サヤインゲンは軸側を少し切り落とし、塩を入れた熱湯でゆでて水に取る。粗熱が取れたら水気をきり、縦半分に切る。

・<調味料>のコーンスターチは白ワインと合わせておく。

<作り方>
1、フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉を盛り付けた時に上になる側から、おいしそうな焼き色がつくまで焼き、ひっくり返して裏面も同様に焼き、器に盛る。



2、パイナップルは両面焼き色がつくまで焼き、(1)の豚肉にのせる。



3、フライパンに<調味料>の材料を加え、ひと煮たちしたら(2)にかけ、サヤインゲンを添える。



お肉のサイズにもよりますが、3~4センチ間隔で4~5か所切り込みを入れましょう。切り過ぎると、切り口から旨みが出てしまうので注意してくださいね!

(ジェイ真葉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング