KBS週末ドラマ「本当に良い時代」 2話で視聴率30%突破

Wow!Korea / 2014年2月24日 9時37分

KBS週末ドラマ「本当に良い時代」

韓国俳優イ・ソジン&キム・ヒソン主演のKBS週末ドラマ「本当に良い時代」が、第2話で視聴率30%を突破する快進撃をみせている。

24日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると同ドラマは、22日の1話で23.8%の視聴率でスタートしたのに続き、2話で30.3%を記録したという。

50%ちかい視聴率で終演した前作「王家の家族たち」は10話で30%を超えた。

イ・ギョンヒ作家が書いた「本当に良い時代」は、慶州(キュンジュ)で貧しく暮らす両親と問題児の兄弟の間で育ち、やがて刑事となったカン・ドンソク(イ・ソジン)が15年ぶりに実家へ帰郷。そこで家族や初恋女性に再会するというストーリー。

なお、10時台に放送されたMBC「黄金の虹」は15.3%、SBS「3度結婚する女」は14.9%と集計された。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング