【公演レポ】Ryu&ZERO、あの名曲と美声、そして掛け合い漫才のようなトークでファンのハートわしづかみ!

Wow!Korea / 2014年3月9日 12時52分

2部はZEROのソロステージから。白のベストに着替えたZEROは、「美しき日々」の挿入歌「For you」で幕を開けると、後ろや2階席にいてよく見えないファンのためにと、「これは作り話ではなく、よく言われることですよ」と強調し、「目はイ・ビョンホンさんに似ていると言われます。鼻はなんと木村拓哉さん。この優しい唇はペ・ヨンジュンさんだって」と自分の顔を説明。大笑いする客席に向かって「なんで皆さん笑うのか、意味が分からないです」とツッコミ、会場を笑いの渦に。さらに、「皆さんの笑顔を見たら、もっと笑わせようと勇気が出てきました」とモノマネも披露。美輪明宏の「愛の賛歌」スキャットバージョンを披露するも、会場は失笑!?続いて、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」では力強い伸びのある声がそっくりで、割れんばかりの拍手喝采が贈られた。

再び、ドラマ挿入歌のバラード2曲が続き、「美しき日々」の「その日までさようなら」、「愛情の条件」の「さよなら愛する人」を切なく艶やかな美声と圧倒的な歌唱力で披露したZERO。「“さよなら”ばっかりですね。続いて歌う曲もGood bye。さよなら3パンチです」と笑いを取り、さらに「『冬のソナタ』も『美しき日々』も、なぜ男たちはキレイなチェ・ジウさんを泣かせるのか。もしかして、その三角関係の中に私が入ったら、チェ・ジウさんは間違いなく私を選択すると思いますけど(笑)。その可能性は?」と客席に問い掛け、客席はもちろん「ゼロー!」と声を揃え、会場全体がひとしきり大爆笑した後、ZEROは心の奥底までジーンと染みる美しいファルセットで「Good bye」を熱唱。その緩急のギャップがたまらない。

ソロステージ最後の曲は、「美しき日々」の主題歌であり、ZEROにとってはファンとの懸け橋となった大きな存在の曲だという「約束」。曲の途中で、今度はRyuが登場。ファンは2人の珠玉のハーモニーを堪能し、感動のあまり涙を流す人もいた。

今回2人で歌ってみた感想について、「この曲を一人で歌うと大変なんですけど、半分助けてもらったので、余裕を持って歌えました」というZEROに、「昨日、家で練習したんですが、この曲は息を吸う場所があんまりないんだよね」と難しい曲を歌いこなすZEROに尊敬の念を向けるRyu。すると、ZEROも「Ryuさんの曲も歌いやすい曲ではないです。感情の表現が大事なので、『最初から今まで』を歌ったときは、難しい曲だなと思いました」と話し、お互いをリスペクトした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング