【公演レポ】「BOYFRIEND」ライブ中に新リーダーが登場?!

Wow!Korea / 2014年6月2日 14時36分

左からドンヒョン、ヨンミン、ジョンミン、クァンミン、ミヌ、ヒョンソン

豪華客船上での記者会見で大きな話題を呼んだ日本デビューから、2周年を迎えるボーイズグループ「BOYFRIEND」。約1年ぶりとなる単独ライブ「BOYFRIEND LOVE COMMUNICATION 2014 -Start up!-」を5月31日(土)と6月1日(日)の2日間にわたり、千葉・幕張メッセ イベントホールにて開催した。

メンバー登場までのカウントダウンが中央のスクリーンに映し出され、0と同時に炎が上がる中、黒いマントを羽織った「BOYFRIEND」のメンバーが登場。マントをはずし、白を基調とした衣装になると、ノリノリの「My Avatar」、パワフルなダンスが魅力の「Dark Carnival」と続けた。ヨンミンが「盛り上がってますか?今日はいい夢を見せてやるぜ!」と総立ちの会場をさらに煽っていく。続く「Don't touch my girl」では会場から息の合った掛け声が飛び、「I'll be there」ではサビの手の動きを一緒に揃えるなど、すでに「BOYFRIEND」の6人とファンは一体となった。

「Standing with you」では切ない思いをしっとりと披露。「Go Back1」、「君の知らないストーリー」と続き、客席のファン全員と目を合わせ、気持ちを一つにしながら歌を届けていった。

ミヌが「『君の知らないストーリー』には実は裏話があります」と告白。元々は、はじめにヨンミンのナレーションが入っていたとのこと。ミヌがクァンミンに再現を要求すると、「君は…僕のこと…何も知らない」とクァンミンが照れながら披露。客席からは悲鳴にも似た歓声が上がった。ミヌが「これ言う時、ちょっと恥ずかしくない?」という問いにクァンミンが「ちょっと恥ずかしいね」と同意すると、すぐにミヌが「でもカットされたよね」と答えて笑いを誘った。

クァンミンが「ヨンミンさんとドンヒョンさんがいなくなりましたね。今日からこの4人で行きます。僕がリーダーです」と堂々宣言。ミヌが「では“そろそろ”ソロステージに行きましょう」とダジャレを交えて紹介し、ソロステージへとつないだ。

トップバッターのヨンミンは、グレーのスーツで大人の装いでサブステージに登場。「初めてのソロステージなので緊張しています」と緊張した面持ちを見せながら、高めのいすに腰掛けて「Falling Slowly」を披露。美しい歌声を会場に響かせた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング