「god」アルバムへ参加の歌手メーガン・リー 「本当に光栄、感謝している」

Wow!Korea / 2014年7月9日 10時6分

メーガン・リー(上)とgod(下)

歌手メーガン・リーが、国民的グループ「god」のアルバムにフィーチャリング参加した心境を明かした。

メーガン・リーは8日、自身のFacebookに「god先輩が帰ってきました。本当に光栄でありがたいことに、私はまだ至らない点が多いですが、今回のアルバムへフィーチャリング参加することになりました」とし、「godのアルバムをたくさん、たくさん愛してください!」と文書を掲載した。

メーガン・リーは、「god」の8thアルバムタイトル曲「僕たちが生きる物語」のフィーチャリングを担当。彼女は、「god」メンバー、キム・テウがプロデュースした新人歌手だ。

ネットユーザーらは「メーガン・リーのフィーチャリング、とても良かったよ」、「『god』の曲も良く、メーガン・リーの声も良い」、「ハーモニーがとても合っている」などの反応を見せている。

一方、「僕たちが生きる物語」は「god」特有の心地よいメロディに日常の中で気付くことができなかった愛の大切さを歌っている。同曲は公開後、MelOnやgenie 、Ollehミュージック、Mnetドットコムなどの音源サイトでリアルタイムチャート1位に輝いた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング