主演の中国映画公開控えたソン・テヨン、衣料ブランドMust Beの広告モデルに

Wow!Korea / 2014年7月10日 11時13分

ソン・テヨン

韓国女優ソン・テヨンが女性服ブランドMust Beの広告モデルに抜てきされたと所属事務所H8カンパニーが10日、明らかにした。

Must Beの関係者は「ソン・テヨンのスタイリッシュで都会的な印象がブランドのイメージと合っており、専属モデルに抜てきすることになった」と述べた。

所属事務所は「中国映画の主人公にキャスティングされ、中国市場進出を控えたソン・テヨンに対する広告市場の関心が高い」とし「中国市場進出を狙う企業が相次ぎ、ソン・テヨンにラブコールを送っている」と明らかにした。

ソン・テヨンは昨年、中国映画「情の戦争」の主人公に抜てきされ、撮影を終えており、ことし下半期の公開を控えている。この映画のおかげで彼女は先月、上海国際映画祭閉幕式に招待された。

ソン・テヨンは「情の戦争」で全てが完璧なキャリアウーマン役を引き受けた。

所属事務所は「映画はヒロインの仕事と愛の両方で思いもよらない危機を経験して、人生に対する情熱と愛を取り戻す過程を描いた」と説明した。

続けて「公開を控えて中国6つの省をまわるPR活動を行わなければならない」とし「同映画が成功すれば、ソン・テヨンはもう一度、韓流スターとして浮上するものと期待する」と付け加えた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング