1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【会見レポ~後編】「WINNER」、日本デビュー記者会見でこれまで苦労や今後の抱負を語る! 「夢はドームツアー」

Wow!Korea / 2014年9月10日 10時32分

スンフン:韓国語で作詞をして、それを日本語に訳してもらうんですが、そうすることで、曲によっては雰囲気や流れが変わってしまうこともあったので、韓国語バージョンと日本語バージョンの印象がだいぶ違うと思います。

―今回のアルバムの中で、それぞれおすすめの曲を教えてください。

スンユン:リード曲「GO UP」をおすすめしたいです。僕たちがすごく大変なときに、そして「WIN」のファイナルバトルのプレッシャーを感じながら作ったので、とても大切な曲です。“心配しなくてもいい、絶対よくなるから、楽しんでいこう”というメッセージが込められています。

テヒョン:僕は「DON'T T FLIRT」。とても楽しい曲です。歌詞も面白いし。カラオケで、おいしい物を食べながら歌ったら面白いと思います(笑)。

ジヌ:僕はテヒョンのソロ曲「CONFESSION」が一番好きです。好きな人に告白するとき、この歌を彼女に歌ってあげたら喜ぶと思います。歌詞が素晴らしいです。

ミンホ:僕はボーナストラックに入っている自分のソロ曲「I'M HIM」をおすすめしたいです。今回のアルバムは、全体的にエモーショナルな雰囲気なんですが、この曲は聞いた瞬間、エモーショナルな雰囲気とは真逆だと感じると思います。完全にヒップホップです。本当は日本語でメッセージを伝えたかったんですけど、韓国語の言葉遊びになっているので、韓国語のまま収録されていますが、ノリやすいリズムになっているので、力を発揮したいときや、運動するときに聴くと楽しいと思います。

スンフン:僕は「EMPTY」です。初めて聴いたとき、もう1回聴きたいと思いました。僕は他のメンバーと比べて、よりポピュラーな音楽を幅広く聴いているほうですが、この曲を僕たちがうまく歌いこなせたら、長く愛される曲になるだろうなと思いました。

―「WIN」でもSOLさんがプロデューサーとして携わり、他の「BIGBANG」のメンバー、「2NE1」もいろいろなコメント、アドバイスをされていましたが、先輩から受けたアドバイスで印象に残っているものは?

スンユン:最近、韓国でYG Family Concertがあったんですけど、公演後の会食の席で、D-LITE先輩が最近日本で開催したアリーナツアーの話をしてくださいました。それで、僕たちも日本で、ZEPPツアーがあるという話をしたら、「コンサートのときは歌とパフォーマンスも重要だけど、MCも練習して、ファンの皆さんに面白い話もできたら、もっといいコンサートになる」というアドバイスをもらいました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング