1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【会見レポ~後編】「WINNER」、日本デビュー記者会見でこれまで苦労や今後の抱負を語る! 「夢はドームツアー」

Wow!Korea / 2014年9月10日 10時32分

スンフン:G-DRAGON先輩、SOL先輩は僕たちに興味はないと思っていたんですが、偶然お会いしたとき、「今回のティーザー映像見たよ。あれはやりすぎじゃない」とか感想を言い、モニタリングをしてくださったので、すごくありがたかったです。

ジヌ:「2NE1」のダラ先輩から、「なんとなく昔の自分を見ているようだ」と言われたのがうれしかったです。そして、「もっと自信を持って、楽しむようにしたほうがいいよ」と言ってくださったので、大変なときやつらいとき、その言葉を思い出して頑張っています。

ミンホ:先輩からいろいろなアドバイスを受けましたが、一番印象に残っているのはSOL先輩の言葉ですね。「RINGA LINGA」のPVの撮影現場に行ったとき、僕たちも1日中現場にいたんですが、SOL先輩はすでに3日徹夜しているところでした。なので、SOL先輩に「3日も徹夜していて大変じゃないですか?」と聞いたら、明るい笑顔で「自分が好きな事をやっているのに、なぜ大変なの?」と逆に聞かれました。その姿がとてもカッコよくて、今でも大変なことがあると、その場面を思い出します。

テヒョン:僕は先輩からではなく、母からの言葉なんですが、僕たちはデビューしたばかりなので、注目される分、いろいろな目で見られていると思うんですが、「一部分だけを切り取って判断しないように」ということを言われたんです。その言葉が僕にとっては、すごく力になりました。

―9月11日から全国ツアーがスタートします。意気込みや「WINNER」のステージの魅力などを教えてください。

スンユン:日本のファンの皆さんに「WINNER」という名前でライブをお見せできることになり、とても楽しみです。長いといえば長い時間、ずっと待ってくださったファンの皆さんの期待に応えられるようなステージをお見せしたいです。初めての全国ツアーなので、未熟な部分もあると思いますが、会場に来ていただければ「WINNER」の魅力を感じられるのではないでしょうか。「WINNER」のステージといえば、カッコいいパフォーマンスもありますが、パフォーマンスだけにかぎらず、心を込めた歌でファンの皆さんと通じ合いながら、一緒に楽しむステージが魅力だと思います。

―先輩のG-DRAGONや「2NE1」のファンはオシャレな方が多いことでも有名ですが、「WINNER」のファンにはどんなスタイルのファッションで、全国ツアーを見に来てもらいたいですか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング