1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【会見レポ~後編】「WINNER」、日本デビュー記者会見でこれまで苦労や今後の抱負を語る! 「夢はドームツアー」

Wow!Korea / 2014年9月10日 10時32分

スンフン:素朴な感じがいいと思います。メークも濃くなく、ナチュラルで。なので、ドレスコードはホワイトがいいなと思います。

ミンホ:髪はポイントのあるアクセサリーを付けたポニーテールで、白Tシャツにジーパンというスタイルをして、笑顔で来てくださったらうれしいです。

ジヌ:髪の長さが腰上ぐらいの方にたくさん来ていただければいいなと思います(笑)。服は、かわいらしく水玉のワンピースがいいですね。

テヒョン:僕はちょっと面白いことを考えました(笑)。日本といえばコスプレ! ファンの方がナルト、サスケ、ブリーチなど漫画のコスプレをしてきたら会場が面白くなると思います。

スンユン:僕は4人が言ったものを全部着て、その上に「WINNER」のグッズTシャツを着ていただけたらうれしいです(笑)。

―すでに日本で数々のステージを踏んでいますが、日本のファンの印象は?

スンユン:本当に僕たちの音楽を心から感じ、楽しんでいるという印象です。僕たちが楽しい歌を歌っているときは一緒に楽しい反応をしてくれるし、悲しい歌を歌っているときは悲しそうにしているので。

―日本のイベントで印象的だったファンとのエピソードを教えてください。

スンフン:先ほど、テヒョン君がコスプレの話をしましたが、テヒョン君のコスプレをした男性がいて、テヒョン君と同じ服、髪型のファンの方とハイタッチをしたことが印象に残っています。

テヒョン:ハイタッチ会では感動して泣いている方もいて、僕たちもそうですが、本当にうれしいとき、感情が高ぶって涙を流すじゃないですか。そういう姿を見て、もっと頑張らなきゃと感じました。

ミンホ:日本のイベントでは、韓国より年齢層が幅広く、お子さま連れの方が多いことにビックリしたし、それが印象的ですね。

―これから日本でやってみたいこと、目標を教えてください。

スンユン:僕たちの名前でドームツアーをやりたいです!

テヒョン:第一歩を踏み始めたばかりの新人ですが、いいスタートを切り、実績を積んでいけば、多方面で活動ができると思います。バラエティー、演技、CMなど幅広くできるよう、頑張りたいです。

ジヌ:WINNERとして人気があがって忙しくなったとしても、ファンミーティングは欠かさずにやりたいですね。

ミンホ:9月11日からスタートするジャパンツアーを起点に、もっともっと成長し、少しずつ大きな会場でツアーができるようになりたいです。

スンフン:僕は姉が2人いるんですが、姉たちが昔、日本のアイドルタレントの大ファンで、子どものころから、その影響を受けて育ちました。家には、日本のアイドルタレントの写真集やポストカードなどがあり、僕も歌手になりたいという夢を育んでいたんですが、夢を叶えてデビューできたので、今度は僕が誰かの憧れになれればいいなと思います。日本の若い子たちの財布に僕の写真が入っていたら、うれしいですね(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング