「PENTAGON」、今度は清涼感で勝負…Giriboyのカラーを加え夏の音楽市場に出撃

Wow!Korea / 2019年7月17日 19時35分

「PENTAGON」がクールアイドルとしてカムバックした。(提供:news1)

「PENTAGON」がクールアイドルとしてカムバックした。

17日午後4時、ソウルのブルースクエアで9枚目のミニアルバム「SUM(ME:R)」のショーケースが行われた。

「PENTAGON」は清涼感あふれるステージを披露した後、「デビューして初めて出す夏のアルバム」とし「夏にアルバムを出したことはあるが、夏を狙った清涼感あるアルバムは今回が初めて」と強調した。

「これまで同様、僕たちの情熱を全て注いで準備した」とし「素顔を見せるかのように、余すとこなく僕たちの魅力を見せる」と覚悟をのぞかせた

キノは今回のアルバムの差別化について「今回のアルバムは、強い確信を持って準備した」と語り「作業をしてファンも喜んでくれたし、ダンスもすごく気に入ったので、うまくいくと思った」と付け加えた。

タイトル曲「Humph!(Prod. By Giriboy)」は、メンバーのフイとラッパー兼プロデューサーのGiriboyが共同で作業したウィット感あふれるヒップホップジャンルの曲だ。誰かをとても好きなのに、逆の態度をとってしまった子供の頃の話をシンプルでリズム感のあるメロディに乗せた。

フイはGiriboyとの作業について、「突撃型プロデューサーだ。僕は作曲をする時、かなり考えて悩んで、全て整理できてから作業に入るけれど、Giriboyはまずは始めてみるタイプ」と語った。

続いて「Giriboyが無から有を作る姿を見た」とし「良いものを一緒に選んで作るのが楽しい作業だった」と付け加えた。

今回は、メンバーのイェンアンが健康上の理由で参加していない。これについてキノは「現在、イェンアンさんは韓国でお母さんと一緒に健康の回復に努めている」とし「昨日も会って、今回のアルバム活動を応援してくれた」と語った。

また「イェンアンさんが、今回のアルバムの準備中に体調を崩してしまったけれど、9人一緒にいるつもりでステージに立つ」とし「タイトル曲の『Humph!』の音源では、イェンアンさんの歌声も聞ける」と紹介した。

「PENTAGON」は9枚目のミニアルバム「SUM(ME:R)」で熱い夏に、誰もが休める清涼感あふれるオアシスのような音楽を贈る予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング