「防弾少年団」年内入隊説は事実無根…事務所が完全否定

Wow!Korea / 2019年10月21日 21時40分

ボーイズグループ「防弾少年団」の年内入隊説が囁かれる中、事実無根であることを所属事務所が明らかにした。(提供:OSEN)

ボーイズグループ「防弾少年団」の年内入隊説が囁かれる中、事実無根であることを所属事務所が明らかにした。

所属事務所は21日、メディアに対し「なぜこのような説が飛び出したのか不明だが、今年の入隊は事実ではない」と否定した。

国会文化体育観光委員長で共に民主党のアン・ミンソク議員は同日、国会文化体育観光委の文化体育観光部と所属機関に対する国政監査で「防弾少年団メンバーのうち1人が今年入隊するらしい。芸能人には兵役に関する特例は適用されないことが決まったようだ」と語った。

続いてアン・ミンソク議員は「芸術家は国際大会2位レベルであれば兵役の特例が適用される。これは70年代に作られた制度だが、その頃ですら芸術家と芸能人は明確に区別されていた。今では一般芸術家と芸能人の壁が曖昧になっているが、一般芸術家だけに兵役の特例が適用され、芸能人には適用されない。これは時代的にミスマッチではないか」と主張した。

アン・ミンソク議員のこうした発言により、防弾少年団の年内入隊説が一気に拡散された。しかし、所属事務所は事実無根であることを強調している。

防弾少年団は今月26日から29日までの3日間、ソウル蚕室のオリンピックスタジアムで「LOVEYOURSELF:SPEAK YOURSELF<THE FINAL>」を開催し、ツアーの幕を下ろす。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング