1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

<WKコラム>「少女時代」、完全体では4年ぶりの番組出演!「ユ・クイズ」で練習生時代の苦労話&大ヒット曲「Genie」のレジェンドエピソードも!

Wow!Korea / 2021年9月5日 19時48分

「ユ・クイズ ON THE BLOCK」に出演した「少女時代」。(画像:画面キャプチャ)

最近、韓国でも東京オリンピックで活躍した選手たちがバラエティに続々と出演しており、ユ・ジェソク×チョ・セホのバラエティ「ユ・クイズ ON THE BLOCK」(tvN)では、8月18日(水)の放送から3週にわたって、“ユ・クイズ×国家代表”特番が組まれ、オリンピック選手をはじめ、さまざまな分野のゲストが登場。

そんな中、9月1日(水)に放送された第121話の“ユ・クイズ×国家代表”の最後を飾る第3弾に、“ガールズグループ界のK-POP国家代表”として「少女時代」がやって来た。8人完全体での番組出演は4年ぶり。そのため、ビデオ会議までしたそうだが、スヨンの話ではこれがなかなか大変だったらしい。まず、なぜ出演するのか、大義名分はあるのか、という話から始まり、スヨンが「14周年だからあいさつをするのはどうか」と言ったら、「じゃあ、13周年はなぜしなかったのか」など意見が飛び交ったとか。それを番組出演に意欲的だったスヨンとティファニーがまとめ、今回の出演が実現したということだ。

メンバー同士の仲の良さは相変わらずだった。それでも、プライベートでは集まっていても、番組に出るのは久しぶりなので、ユナはちょっとぎこちないと話し、前日に全員で「今は少女時代!」とあいさつをしながら、感極まって泣くのはやめようと約束をしたらしい。どのK-POPグループも当たり前のようにグループあいさつがあるが、やはりこれは特別なもののようだ。

そして、今回はメンバー数が8人なので、さらに深い話を聞くため、A組、B組の2組に分かれトークを展開。A組はユナ、サニー、テヨン、ユリ。デビュー当時の自己紹介をリクエストされ、「元気の源サニーです」、「ダンシングクイーン、ヒョヨンです」、「黒真珠ユリです」、「魅力少女ユナです」と照れくさそうにあいさつ。このような場面を見ると、一瞬にしてタイムスリップした気分になる。

いまや「少女時代」も全員が30代。後輩たちから、お母さんが「少女時代」のファンだったとか、「Gee」のスキニージーンズのことを「うちのお母さんが履いていたパンツ」と聞くと、月日の流れを感じると話し、デビュー当時を振り返った。

2007年8月リリースのデビュー曲「Into the New World」は完璧なシンクロダンスをするため、1年かけて準備をし、指先、歩幅まで全ての角度を合わせたことや、2009年に「Gee」ブームを巻き起こし、活動が忙しくなると、海外にも日帰りで行くことが多く、年末には日本で「ミュージックステーション」に出た後、すぐチャーター便に乗って韓国に戻り、ステージを行ったこともあると明かしたメンバーたち。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング