写真

米国の研究者グループは28日、新型コロナウイルス感染症のがん患者の治療に抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」と抗菌薬「アジスロマイシン」を併用する場合、一方の薬を単体で使う場合と比べて30日以内に死亡する確率が3倍に増えるとする暫定の研究結果を明らかにした。写真はヒドロキシクロロキン。5月27日、ユタ州プロボの調剤薬局で撮影(2020年 ロイター/George Frey) [記事を読む]

国際総合写真ニュース

トピックスRSS

ランキング