1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ドイツ社民党、第3、4党との交渉開始 CDU・CSUも連立模索

ロイター / 2021年10月4日 9時32分

 10月3日、9月のドイツ連邦議会(下院)選挙で第1党になった中道左派の社会民主党(SPD)は3日、第3党の環境保護政党「緑の党」、第4党の中道、自由民主党(FDP)との3党連立に向けた協議を始める準備が整ったと表明した。写真は1日、ベルリンで声明を読み上げるFDPのクリスチャン・リントナー党首(2021年 ロイター/Annegret Hilse)

[ベルリン 3日 ロイター] - 9月のドイツ連邦議会(下院)選挙で第1党になった中道左派の社会民主党(SPD)は3日、第3党の環境保護政党「緑の党」、第4党の中道、自由民主党(FDP)との3党連立に向けた協議を始める準備が整ったと表明した。ただ、緑の党とFDPが、メルケル首相が属する第2党の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と連立を組む可能性も残っている。

9月の連邦議会選挙ではどの政党も過半数を確保できず、数カ月に及ぶ可能性がある連立交渉が始まった。SPDとCDU・CSUはそれぞれ、政権獲得に向けて緑の党、FDP両党との連立を模索している。

世論調査では、SPDと緑の党、FDPの3党連立政権が望ましいとの回答が優勢となっている。

SPDは3日、FDPと緑の党とそれぞれ協議を行った後、3党で協議を始める準備が整ったと明らかにした。

一方、FDPは政策が近いCDU・CSUとも協議を行っている。

CDU・CSUは選挙で大敗したものの、連立政権樹立をあきらめておらず、5日には緑の党とも協議する予定。緑の党は、CDU・CSUとの協議後に今後の方針を決定するとしている。

在任約16年のメルケル氏は、新政権発足に伴い政界を引退する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング