1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東芝の非公開化、買収額1株最大7000円を検討 総額3兆円=関係者

ロイター / 2022年6月22日 22時41分

 6月22日 東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。写真は2021年6月、神奈川県川崎市で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京/香港 22日 ロイター] - 東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者がロイターに明らかにした。22日の東芝終値を27%上回る価格で、実現すれば買収総額は3兆円になる。

東芝が5月末に締め切った経営再建策の募集には10件の1次提案があり、うち8件が非上場化に関する案で、残りの2件は上場維持を前提とした資本業務提携に関する案だった。

複数の関係者によると、非上場化の提案者は現在、買収金額を東芝株主と議論しており、最も高い検討額は1株7000円。別の関係者1人によると、提示額は幅広く、ばらつきも大きいほか、諸条件が付されているという。

複数の関係者によると、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、香港のベアリング・プライベート・エクイティ・アジア、米ブラックストーン、米ベインキャピタル、カナダのブルックフィールド・アセット・マネジメント、MBKパートナーズ、米アポロ・グローバル・マネジメント、英CVCキャピタル・パートナーズが1次提案を提出した。複数のファンドが連合を組む可能性もあるという。

ロイターは各ファンドにコメントを求めたが、ベインとブルックフィールド、ベアリング、CVC、MBKは回答を控えた。他のファンドは現時点で連絡がついていない。

東芝は、提案の詳細は開示していないとメールで回答した。

複数の関係者によると、産業革新投資機構など日本のファンドのほか、複数の事業会社も参画を検討している。革新機構はコメントを控えた。

(山崎牧子、Kane Wu、Scott Murdoch 編集:Sumeet Chatterjee、久保信博)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください