1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【ディズニー】知ってた?…マニアが教える「東京ディズニーランドの新ひみつ」5選

ananweb / 2021年7月18日 19時0分

【ディズニー】知ってた?…マニアが教える「東京ディズニーランドの新ひみつ」5選

夢と魔法の王国、東京ディズニーランドの知られざるトリビアをご紹介! 今回は、自称ディズニーマニアのゆうりさんが、ワールドバザールにまつわる5つのヒミツを公開します。行きたくなる気持ちが激増すること間違いなし! コロナが落ち着いたらレッツゴー!

知ってた? 「東京ディズニーランドのひみつ」ワールドバザール編

夢と魔法の王国、東京ディズニーランド。これまで何十回と訪れていても、まだまだ知らないことがあったりするものです。そこで、自称ディズニーマニアのゆうりさんが、通ならではの情報をピックアップ。今回は、東京ディズニーランドの玄関口、ワールドバザールをフォーカスします!



ゆうりさん お土産や食事目当てで立ち寄ることが多いワールドバザールですが、それ以外にも注目すべきトピックスがたくさんあるんですよ。そこで、みなさんに知っていただきたい5つのトリビアをご紹介します。最後に、私が感激した東京ディズニーランドのコロナ対策もお伝えしますね。

1. 世界のディズニーランドのなかでも唯一! ワールドバザール&大きな屋根

入園すると目に入るワールドバザールと、その大きな屋根。印象的な景色ではありますが、当たり前すぎて何とも思わない人が多いかもしれません。でも、屋根があるのは、東京ディズニーランドが唯一なんです。なんでも、梅雨や台風など、雨の多い日本の気候に配慮して作られたのだとか。海外の方々からしたら、かなりインパクトのあるものなのかもしれません。

しかも、ワールドバザールという名称もこちらだけ。海外のディズニーリゾートにあるテーマランドは「メインストリートUSA」と名づけられています。実は貴重なこちら、しっかりと見ておくべき箇所なんです!

2. ほしい! レトロなアトラクションポスター

次にチェックしていただきたいのが、メインエントランス周辺やワールドバザール内に複数貼られているポスターです。どれも、レトロかわいいアトラクションやテーマランドが描かれていて、思わずポストカードにしたら素敵! と思ってしまいますが、残念ながら非売品とのこと。それだけに、レア度の高い代物といえます。一見の価値ありですが、海外のディズニーランドではこれらのポストカードが購入可能。コロナ収束後、初の海外旅行はこのカード目的もアリかもしれません(笑)。

3. 実は低いのに高く見える! 不思議な建物

続いては建物に注目してみましょう。ワールドバザールに軒を連ねるこれら、実は、実物よりも小さく建てられています。一般的には低い建物が密集していると閉塞感を感じてしまいがちですが、そんなことは全くないですよね。なぜなら、遠いものは小さく見える、つまり小さいものは遠くに感じるという錯覚(遠近法)を利用した仕組みが用いられていて、実物よりも高く見えるからなんです。具体的には、建物の窓。高いところほど小さく造られています。お子さんにとっては安心感も得られるのだとか。

ちなみに、遠近法はシンデレラ城にも用いられていて、よく見ると上部ほど窓やレンガが小さくなっているんです。ぜひ確かめてみてくださいね。

4. 息を飲むほどの美しさ! 絶景ポイント

映えスポットの宝庫といってもいい東京ディズニーランド。ワールドバザール内には個人的に1、2位を争うほどの絶景ポイントがあります。それは、メインストリートの中央付近。入園ゲートを背にして立ってみてください。視線の先にはシンデレラ城が鎮座しており、まるで絵画のような美しい景色が目の前に広がります。心が浄化され、来園早々「訪れてよかった!」と思うに違いありません。

また、ワールドバザール全体がライトアップされる夜景も格別です。大切な人と眺めれば素晴らしい思い出になることでしょう。

5. 実は意味があった!? 窓のペインティング

ワールドバザールは、ウォルト・ディズニーが幼いころに住んでいた、マーセリンの街並みがモデルといわれています。パーク内最大のアパレル店舗「タウンセンターファッション」の二階窓に描かれたこちらも、その一環の単なる雰囲気作りと思いきや、私たちに直接関係はないですが、実は深い意味が込められたものだったりします。それは、東京ディズニーランドの誘致および発展に尽力したオリエンタルランドの第二代社長、髙橋政知さんの功績を称え、ディズニー社とオリエンタルランドの両社より贈られた「レジェンド・ウィンドウ」であるということ。

その証拠に、シンデレラ城のイラストには髙橋さんの名が書かれています。ちなみに、そのシンデレラ城の上に書かれているのは、「レジェンダリークリエイション」という架空の会社名。その左右には「ビジョンを描く 魔法を創り出す」(左)、「勇気を持って実行する 、夢をかなえる」(右)というその会社のモットーが掲げられているそう。舞浜の地に夢と魔法の王国を創り出した髙橋さんの偉業を称えているんですね。

最後に、私が「さすが!」と思った東京ディズニーランドのコロナ対策をご紹介します。

番外 コロナ禍でも楽しい! キャラクターグリーティング

コロナ禍前は、キャラクターたちとハグや握手をすることが東京ディズニーランドを訪れる楽しみのひとつでしたが、いまは残念ながらできません。でも、そのぶんいつもと違ったポーズや、キャラクター同士のコミュニケーションをしてくれるんです。私はそれを見て、直接触れ合うのと同じくらい、いえ、それ以上の価値があると感激しました。いったいどんなことをしてくれるのかは、来園してからのお楽しみです(笑)。

グリーティング施設では、ぜひスマホを動画モードにして、いつもとはまた違う、キャラクターたちのコミュニケーションを収めてみてくださいね。

以上、「知ってた? 東京ディズニーランドの新ひみつ」をお伝えしました。感染対策をしっかりして、東京ディズニーランドを思う存分楽しみましょう! 次回もお楽しみに。

Information

詳細は東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください。

※6月時点の情報です。内容が変更になる場合があります。また、画像は過去に撮影したものです。
※一部、現在の運営ガイドラインや安全衛生対策と異なる場合があります。

画像提供:株式会社オリエンタルランド
©Disney

文・田中亜子 画像提供・株式会社オリエンタルランド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング