吹田市とNTT西日本、ICTを活用したシティプロモーション推進に関する連携協定を締結

@Press / 2017年12月25日 14時0分

吹田市(市長:後藤 圭二)と西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)は、持続的なまちの発展をめざしたシティプロモーション推進に向け、吹田市におけるICT(情報通信技術)を活用した連携強化を目的として、2017年12月25日(月)、ICT連携協定を締結しました。


1.協定締結に至った背景
吹田市では、2016年度に「吹田市シティプロモーションビジョン」を策定し、市の魅力や強みを伸ばす取り組みを推進してきました。
また、NTT西日本は、「ICTで社会課題の解決に貢献する企業」として、これまでに培った知見や最新の技術を活かし、自治体の地域活性化の取り組みを支援しております。
このような背景のもと、市の魅力や強みを伸ばし、地域を活性化させ市民の満足度を向上させる様々な取り組みについて、ICTを利活用して相互に連携しながら推進することに両者が合意し、今回のICT連携協定を締結する運びとなりました。


2.連携協力の内容
連携協力により取り組む概要は、以下のとおりです。実施方法やその他の詳細は両者で協議の上、進めてまいります。
(1)魅力的なまちづくりに向けた、周遊ルート、観光ルートの開発
(2)安全で住み易いまちづくりに向けて、ポータルサイトの開発及び実証実験
(3)健やかで心豊かに暮らせるまちづくりに関する支援

【別紙】吹田市におけるシティプロモーション推進とICT利活用のイメージ 参照


3.今後の展開について
上記事項のみならず、様々な分野において、両者で力を合わせ、吹田市のさらなる都市魅力の創造と発信に向け、ICTを活用した取り組みを推進していきます。


別紙「吹田市におけるシティプロモーション推進とICT利活用のイメージ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/146247/att_146247_1.pdf


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング