映像化なども決まっている話題作の続編『魔眼の匣の殺人(著:今村昌弘 朗読:浅井晴美)』がオーディオブックのキクボン!にて配信開始

@Press / 2019年8月5日 10時0分

株式会社アールアールジェイ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:橋満克文)が運営するオーディオブック配信サービス『キクボン!』では、ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人(著:今村昌弘)』の続編となる『魔眼の匣の殺人』のオーディオブックの配信を2019年8月2日に開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190221/LL_img_190221_1.png
話題沸騰の続編『魔眼の匣の殺人(著:今村昌弘 朗読:浅井晴美)』がオーディオブックのキクボン!にて配信開始

リリースページはこちら
https://kikubon.jp/seriesAudiobookList.php?sKey=65


『屍人荘の殺人』は第1位『このミステリーがすごい!2018年版』国内編、第1位〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10/国内部門、第1位『2018本格ミステリ・ベスト10』国内篇、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕受賞作であり、映像化なども決まっている話題作です。
その続編である『魔眼の匣の殺人』を浅井晴美による朗読でオーディオブック化いたします。
「屍人荘の殺人」に続く剣崎比留子シリーズ第二弾の話題作をぜひ朗読でお楽しみください。


<『魔眼の匣の殺人』あらすじ>
その日、“魔眼の匣”を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ第二弾。


<オーディオブックのキクボン!とは>
オーディオブックサイト耳で聴く本「kikubon」。ミステリ、SF、ファンタジーに特化している国内初となるオーディオブックの専門店。銀河英雄伝説、アルスラーン戦記、グイン・サーガ等、話題の書籍を声優・ナレーターの声と演技でオーディオブック化して配信している。無料のオーディオブックも現在69冊あり、オーディオブック初心者に向けて、声優の匠の技で耳に本をお届けしているサービスです。

キクボン!はこちらから!
https://kikubon.jp/


■キクボン!運営会社
会社名 : 株式会社アールアールジェイ
本社所在地: 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目16番6号 新宿タツミビル1106号
代表取締役: 橋満克文
会社サイト: http://www.rrj.jp/


<版権表示>
(P)今村昌弘・東京創元社・RRJ Inc.


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング