アクサダイレクト、優良指定工場「AXAパイロットガレージ」に最上位の「プレミアムグレード」を創設

@Press / 2019年10月9日 10時0分

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン、以下「アクサダイレクト」)は、優良指定工場「AXAパイロットガレージ」に最高品質の修理技術・品質およびお客さまサービスを提供する最上位の「プレミアムグレード」を新設し、2019年9月1日付けで「株式会社 新和自動車」(広島県東広島市黒瀬町南方1525-1)を「プレミアムグレード」第一号店に認定しました。


■優良指定工場「AXAパイロットガレージ」について
アクサダイレクトは、お客さまのカーライフを安全・安心なものとするため、自動車保険による補償のみならず、車検・修理・メンテンナンスを高い品質と納得感のある価格で提供する優良指定工場を「AXAパイロットガレージ」として選定し、お客さまにご案内しております。
また、昨今のお客さまのサービス品質へのご要望の高まりや、自動車の高度先進化による高い修理技術・品質が求められる環境に鑑み、アクサダイレクトでは全ての優良指定工場の技術・品質の見直しおよび工場との間での「提供される技術・品質への約束(サービスレベルアグリーメント)」づくりに取り組んでおります。


■「プレミアムグレード」認定について
この度、優良指定工場「AXAパイロットガレージ」の中でも最高品質の修理技術・品質およびお客さまサービスをご提供できる工場である「株式会社 新和自動車」を「プレミアムグレード」第一号店として認定いたしました。
「プレミアムグレード」認定は、当社基準である32項目の修理技術および工場設備、53項目のサービス体制をすべて満たす必要があり、「AXAパイレットガレージ」の中でもお客さまに最高のサービスをお約束するものです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194030/LL_img_194030_1.jpg
2019年9月4日「プレミアムグレード」第一号店認定式の様子

「プレミアムグレード」修理工場によるサービスは、先進安全装置を始めとする自動車技術の進歩や、それに伴うお客さまニーズの変化に対応した、アクサダイレクトにおける修理工場サービスの要と位置づけており、今後も「プレミアムグレード」修理工場数の拡大やサービスラインナップの充実に取り組んでまいります。

アクサダイレクトは、今後も「お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う」という企業理念の実現をめざし、革新的で卓越したサービスの提供に努めてまいります。


■アクサ損害保険について
アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は110万件を超えています。
URL: https://www.axa-direct.co.jp


■AXAグループについて
AXAは世界63ヶ国で17万1,000人の従業員を擁し、1億500万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2018年度通期の売上は1,028億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは62億ユーロ、2018年12月31日時点における運用資産総額は1兆4,238億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング