40代~50代中心「働く主婦」3人に1人が定期的な運動をしている

@Press / 2019年11月5日 11時0分

[調査トピックス]
・働く主婦の方(平均年齢47歳)に体型・健康維持のために定期的な運動をしているか尋ねると、「現在定期的な運動をしている(34.0%)」となり、3人に1人の方が何らかの運動を定期的に実践している。「過去に定期的な運動をしていた(21.7%)」と合わせ、「定期的な運動経験がある」と回答した方は、55.7%となり半数を上回ったが、一方で「定期的な運動をしたことがない」と回答した方は、30.6%であった。

・「定期的な運動経験がある」と回答した方が、健康や体型維持のために普段している(過去にしていた)運動や心掛けていることを選択肢で尋ねると、「ウォーキング・散歩(53.1%)」が最多。「自宅で簡単にできる運動・トレーニング(45.4%)」、「ジムやトレーニングスタジオに通う(43.5%)」、「ヨガ(30.2%)」などが続いた。

・定期的な運動経験がある方のうち、実に9割近くの方が、運動をするようになり「よい方向に考え方が変化した」と実感している。具体的にどのような変化があったのか選択肢で尋ねると、「前向きになった(17.9%)」が最多。「日々の生活が楽しくなった(13.7%)」、「イキイキと家事や仕事ができるようになった(10.7%)と続いた。

フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)が推進するサステナブル∞ワークスタイルプロジェクトでは、人生100年時代に向かって、ライフステージが変わっても持続可能な働き方や生き方をしている当社キャストを対象に、様々なテーマに沿ってアンケートを実施しています。

第17回目は、「運動やスポーツ」に関するアンケートです。調査結果からは、働く主婦の運動・スポーツの実施状況や、それによる心やからだの変化・影響について調査をしました。
アンケートの対象は、当社に登録するキャスト会員で、有効回答数は471名(平均年齢47歳)、実施期間は19年9月5日~9月6日です。(調査概要は4ページに記載)

アンケートでは最初に、体型・健康維持のために、定期的な運動をしているか調査をしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_1.png
体型・健康維持のために定期的な運動をしているか尋ねると、「現在定期的な運動をしている(34.0%)」となり、3人に1人の方が何らかの運動を定期的に実践していることがわかりました。「過去に定期的な運動をしていた(21.7%)」と合わせると、「定期的な運動経験がある」と回答した方は、55.7%となり半数を上回る結果となりましたが、一方で「定期的な運動経験をしたことがない」方は、30.6%でした。

次からは、「定期的な運動経験がある」と回答した262名を対象に、具体的にどのような運動をしている(過去にしていた)か、運動を通しての体や心の変化について調査をします。

まず、健康や体型維持のために普段している(過去にしていた)運動や心掛けていることを調査しました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_2.png

健康や体型維持のために普段している(過去にしていた)運動や心掛けていることを選択肢で尋ねると、自分のペースで手軽に行うことができる「ウォーキング・散歩(53.1%)」でもっとも多く、「自宅で簡単にできる運動・トレーニング(45.4%)」、「ジムやトレーニングスタジオに通う(43.5%)」、「ヨガ(30.2%)」などが続きました。

次に、運動による考え方の変化について調査をしました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_3.png

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_4.png
運動をするようになり、あなた自身の考えがどのように変化をしたか尋ねると、実に9割近くの方が「よい方向に変化した」と実感しています。(図表3)
具体的にどのような変化があったのか選択肢で尋ねると、「前向きになった(17.9%)」、「日々の生活が楽しくなった(13.7%)」、「イキイキと家事や仕事ができるようになった(10.7%)、「運動を通した新たな出会いがあった(9.9%)」、「目標が増えた(9.9%)」が続きました。
フリーコメントからは、「地域のヨガ教室に通い、気分転換になり、気持ちが前向きになった(50代)」といった、運動が体だけではなく心にもいい影響を与えていることや、「子どもと一緒に剣道を始めました。初心者でしたが、よき先生と先輩に恵まれ新たな出会いがありました。きついですが上達を実感出来るので楽しくしています(40代)」といった、運動を通した新たな出会いや、充実感に満ちているといったことが表れていました。(図表4)

スポーツの秋となりました。運動をなかなか習慣化できないといった方も、アンケートの結果にあったような「ウォーキング・散歩」や「自宅で簡単にできる運動・トレーニング」から、持続可能なペースで楽しみながら、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
[調査概要]
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_5.png
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_6.png
【ソフトブレーン・フィールド株式会社 会社概要】
URL : https://www.sbfield.co.jp/
ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6月17日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ約90,000名のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など175,000店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階 設 立 :2004 年7 月 / 資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博
「木名瀬 博のフィールド虎の巻」URL: https://www.sbfield.co.jp/toranomaki

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_7.png
ソフトブレーン・フィールドは、2004年創業当初より長年にわたり、働く意欲ある主婦を中心とした女性達に「年齢・時間・場所の制約がない柔軟な働き方」を提供している背景から、2018年5月31日に「サステナブル∞ワークスタイルプロジェクト」を発足しました。国連で採択された2030年までの国際目標「SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)」の考えに基づき、企業および働く人にとって、無理・無駄なく、持続可能な働き方こそ、企業の生産性が向上し、本当の働き方改革の推進につながると考えます。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/img_197754_8.png
2019/10/26更新
「働きながらの学び直し、ケアマネジャーの資格を目指して」
https://www.puchittona.jp/sbf/view/sustainable/entry-19-0003.html
Sさん(40代・2006年キャスト登録)
都内在住。登録ヘルパーとして訪問介護の仕事をしながら、空いている時間でSBFのお仕事をしながら、
来年ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格取得するために向上心を持って学び直しを計画中。

「幼児教室開校の夢に向かって勉強中!」
https://www.puchittona.jp/sbf/view/sustainable/entry-19-0004.html
Tさん(30代・2015年キャスト登録)
神奈川県在住。学生時代から語学に興味を持ち、留学・ニュージーランドにてチーフコーディネーターとしてツアーガイド・通訳として勤務経験あり。現在は、育児をしながらフリーランスとして翻訳・ライターとして活躍する中、SBFのお仕事を行う。

キャストインタビューPDFにインタビュー記事の全文を紹介中。ぜひご覧ください。

サステナブル∞ワークスタイルプロジェクトVOL.17
~「運動・スポーツ」に関するアンケート報告~PDF
https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/att_197754_1.pdf

キャストインタビューPDF
https://www.atpress.ne.jp/releases/197754/att_197754_2.pdf






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング