スタートアップワールドカップ東京予選で優勝 再生可能エネルギーのLooop

@Press / 2019年12月9日 13時0分

株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、米ペガサス・テック・ベンチャーズ*1が主催する「スタートアップワールドカップ」*2の東京予選で優勝したことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200191/LL_img_200191_1.jpg
受賞

本大会は2017年より開催されており、今回が4回目となります。世界60地域以上で地域予選が行われ、各地域の予選を勝ち上がった代表と2020年5月にサンフランシスコで開催される世界決勝戦にて世界優勝投資賞金約1億円を掛けて競い合います。


【STARTUP WORLD CUP GRAND FINALE】
■URL : https://www.startupworldcup.io/
■開催日: 2020年5月22日
■場所 : ヒルトン・サンフランシスコ・ユニオンスクエア
■主催 : ペガサス・テック・ベンチャーズ

東京予選のピッチでは、再生可能エネルギーをクラウド上に保有することで電気代を安くするビジネスモデルを説明いたしました。

世界大会が開かれる来年は、ちょうど創業10期目の節目となります。
今後も再生可能エネルギーを最大普及するという使命のもと、世界一を目指しLooop一丸となって取り組んでまいります。


【受賞時の模様】
受賞の瞬間(Facebook)
https://www.facebook.com/watch/?v=449413602384176
受賞のお知らせ(Facebook)
https://www.facebook.com/Looop.Inc/posts/1708788622586868?__tn__=-R


*1 ペガサス・テック・ベンチャーズについて
ペガサス・テック・ベンチャーズは米国シリコンバレーに本社を構え、世界30社以上の大手企業からLP出資を受け入れており、これまでに米国、日本、東南アジアを中心に150社以上のスタートアップに投資を実施しているベンチャーキャピタルです。日本では、ZUU、ジーニー、マネーフォワード、エボラブルアジア、メタップス、ディー・エル・イーといった既に上場した企業のほか、テスラモーターズ、ユニファ、モンスター・ラボ、スターフェスティバル、Life is Tech、エディジーン、FiNC等への投資を行っており、これら投資先の海外展開支援を手掛けた実績を有します。詳細については、こちらをご覧ください。
https://www.pegasustechventures.com/?lang=ja

*2 スタートアップワールドカップについて
世界のスタートアップエコシステム構築を目指し、イノベーション促進と起業家精神育成をサポートする、ペガサス・テック・ベンチャーズ主催のグローバルビジネスコンテストです。今年は世界60以上の国・地域で予選を行う予定で、サンフランシスコで開催される決勝大会には世界トップクラスのスタートアップ、VC、起業家、大手企業が集結し、優勝企業には約1億円の投資賞金が贈られます。


【会社概要】
当社は、2011年3月に東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市・気仙沼市へ中村 創一郎(現 代表取締役社長 CEO)が赴き、複数の施設へ独立型ソーラー発電セットの無償設置を実施したことがきっかけとなり、設立した会社です。

商号 : 株式会社Looop
代表者 : 代表取締役社長 CEO 中村 創一郎
所在地 : 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4
設立 : 2011年4月
事業内容: ●太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●自社太陽光発電所の設置・管理
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売りに関わる各種業務委託業
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金 : 2,251百万円(資本準備金1,930百万円)※2019年3月末現在
URL : https://looop.co.jphttps://looop-denki.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング