年に一度のほぼシリーズ商品が今年も登場!土用の丑の日の新定番「ほぼうなぎ」 2020年7月2日(木)より数量限定販売

@Press / 2020年7月2日 11時0分

ほぼうなぎ〔調理例:ほぼうなぎ重〕
カネテツデリカフーズ株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:村上 寛)では、今年も土用の丑の日にあわせ、まるで本物のうなぎの蒲焼のような味・食感・見た目を白身魚で再現した「ほぼうなぎ」を2020年7月2日(木)より通販サイトにて数量限定で販売を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/LL_img_217285_1.jpg
ほぼうなぎ〔調理例:ほぼうなぎ重〕

「ほぼうなぎ」は、現在絶滅が危惧されている「うなぎ」の味・食感・見た目を、白身魚のすり身や切り身を使って再現した魚肉ねり製品です。まるで本物のような味・食感・見た目を魚肉で再現する人気のほぼシリーズ商品として2018年に発売。以来、一年に一度、土用の丑の日にあわせ限定商品として販売し、毎年大きな反響をいただいております。

今年は、世界的なSDGsの取り組みや国内での食品ロス削減の取り組みが広がる中、より環境に配慮した包装資材を採用し、サステナブルな仕様で販売いたします。


●「ほぼうなぎ」に込める開発者の想い
現在、「うなぎ」は世界的に絶滅が危惧されています。カネテツデリカフーズでは『ほぼうなぎ』を通じ、持続可能な資源確保に貢献したいと考えています。「日本の大切な食文化を次世代までつなげたい。『ほぼうなぎ』がその役割を少しでも担えれば。」そのような思いで開発に取り組んでいます。


●商品特長
【特長1】本物のうなぎの蒲焼のような味・食感・見た目
2種類の身を作り分けることで、ふっくらとほぐれる身、弾力のある皮をそれぞれ忠実に再現しました。さらに、骨が無く、独特の臭みをおさえることで本物のうなぎに比べ食べやすく仕上げています。

【特長2】本物のうなぎ同様の焼き上げ
本物のうなぎの蒲焼工場で、うなぎと同様にタレを繰り返し塗り三回焼き上げることで、表面の焼き目を忠実に再現しました。外は香ばしく、中はふっくらタレがしっかりしみこんだ味わいに仕上げています。

【特長3】環境に配慮した包装資材を採用
今年は昨年の包装形態と比較して使用する包装資材の削減に取り組みました。デザインラベル、表示ラベル、化粧箱の廃止、FSC認証紙を使用したパッケージ兼輸送用ダンボールを使用する等、環境に配慮した包装資材でお届けします。
※FSC認証紙とは:「適切に管理された森林」に由来する製品であると保証された環境を配慮した紙製品


●商品概要
商品名 : ほぼうなぎ
規格 : 蒲焼風かまぼこ150g×3、蒲焼のタレ10g×3、山椒0.2g×3
税込価格 : 2980円※送料込
販売場所 : 通販サイト「てっちゃん工房」
商品サイト: https://item.rakuten.co.jp/tecchan-kobo/4901320805923/
販売開始日: 2020年7月2日(木)午前11時~ ※予定数量完売次第、受付終了
お届け期間: 2020年7月14日(火)以降順次発送
商品画像 : https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/img_217285_5.jpg


■“ほぼ”シリーズについて
2014年3月発売の「ほぼカニ」以降、「ほぼホタテ」(2015年3月発売)、「ほぼエビフライ」(2016年9月発売・春夏期間限定)、「ほぼカキフライ」(2017年9月発売・秋冬期間限定)、「ほぼうなぎ」(2018年6月通販・数量限定で発売)、「ほぼタラバガニ」(2018年9月発売・秋冬期間限定)、「大粒ほぼホタテ 浜焼き風(真空)」(2019年3月発売)、「サラダプラス ほぼタラバガニ」「サラダプラス ほぼホタテ」(2020年3月発売)を発売。シリーズ累計販売数量3,800万パックを突破。まるで本物のような味・食感・見た目を再現したフェイクかまぼこ(風味かまぼこ)です。
カネテツデリカフーズは今後も、“ほぼ”シリーズ商品の販売を通じ、「特別な日じゃなくても、気軽に海の恵みを楽しめる」という練り製品の新たな楽しみ方をご提案します。


●販売中の“ほぼ”シリーズ 商品概要
販売エリア : 全国
商品名 : ほぼカニ
規格 : 90g
参考税抜価格 : 255円
商品特長 : まるで本物のカニのようにほぐれやすく
ジューシーなカニ風味かまぼこです。特製黒酢入和だしカニ酢付。
商品パッケージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/img_217285_7.jpg

販売エリア : 全国
商品名 : ほぼホタテ
規格 : 8個
参考税抜価格 : 255円
商品特長 : まるで本物のホタテのような食感と風味の
ホタテ風味かまぼこです。バター醤油焼きに。
商品パッケージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/img_217285_8.jpg

販売エリア : 全国
商品名 : サラダプラス ほぼタラバガニ
規格 : 6個
参考税抜価格 : 255円
商品特長 : まるで本物のタラバガニのような食感と風味を再現した
一口サイズのカニ風味かまぼこです。真空パックで長持ち。
商品パッケージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/img_217285_9.jpg

販売エリア : 全国
商品名 : サラダプラス ほぼホタテ
規格 : 6個
参考税抜価格 : 255円
商品特長 : まるで本物の焼きホタテのような食感と磯の風味を再現した
一口サイズのホタテ風味かまぼこです。真空パックで長持ち。
商品パッケージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/217285/img_217285_10.jpg


■カネテツデリカフーズについて
1926年(大正15年)創業。2016年に創業90周年を迎えた、兵庫県神戸市・六甲アイランドに工場を持つ魚肉練り製品の製造業(代表取締役社長:村上 寛)。1990年には全商品合成保存料無添加を実施。さらに、練り製品の製造工場として初めて「ISO22000」「FSSC22000」「JFS-C」の3つの食品安全管理システムの認証を取得するなど「安心・安全」な商品作りに取り組んでいます。また、蒲鉾を立体的に表現する技術や、過熱水蒸気製法で魚肉練り製品を製造するなど独自性あふれるモノ作りをおこなっています。まるで本物のような味・食感・見た目を再現し、そのネーミングでも話題の“ほぼ”シリーズ商品は、シリーズ累計販売数量3,800万パックを突破。


■会社概要
社名 : カネテツデリカフーズ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 村上 寛
本社/工場所在地: 神戸市東灘区向洋町西5丁目8番地
創業 : 1926年3月(大正15年3月)
法人設立 : 1948年9月29日(昭和23年9月29日)
資本金 : 4,000万円
業務内容 : 水産練製品・惣菜の製造販売
ホームページ : https://www.kanetetsu.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ほぼうなぎ〔調理例:ほぼうなぎ丼〕 ほぼうなぎ〔調理例:ほぼひつまぶし〕 ほぼうなぎ〔調理例:ほぼう巻〕

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング