インドネシアにおける自社の光ファイバー網を活用したネットワークサービスの提供開始について

@Press / 2012年3月5日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)の子会社であるPT. NTT Indonesia(本社:ジャカルタ、略称:NTTインドネシア)は、インドネシアの工業団地などに敷設した光ファイバー網を活用し、インドネシア国内向けネットワークサービスを2012年3月5日より提供開始します。

 本サービス開始にあたり、2011年11月に、NTTインドネシアの子会社であるPT.Terasasih Sejahtera(テラサシ社、本社:ジャカルタ)が外資系通信事業者として初めてインドネシア国内の固定データ通信免許(*1)を取得しており、これによりアクセス区間を含めたエンド・エンドでの提供が可能となりました。
 NTTインドネシアは、高品質・大容量の国内ネットワークサービスと各種ICTサービスを組み合わせたソリューションを提供し、インドネシアに進出する企業の事業展開を支援します。


1.背景
 インドネシアにおいては、昨今の堅調なGDP拡大や経済成長にあわせて、企業の新規進出や拠点追加、事業拡大などが加速しています。特にジャカルタ周辺には複数の工業団地が設立され、今後更なる拡大が見込まれます。一方、企業においては、グローバル化の進展に伴い、拠点間通信やクラウドサービス利用が増大しており、高品質で安定的なネットワークサービスのニーズが高まっています。
 このようなニーズに応えるため、NTT Com及びNTTインドネシアでは通信設備を建設・運用するインドネシアの通信会社と協力し、国内ネットワークの通信品質向上に取り組んできましたが、さらに自ら敷設・運用する光ファイバー網を活用することで、サービスラインアップを一層強化します。


2.サービスの概要
 インドネシアの工業団地内にNTTインドネシアが敷設・運用する光ファイバー網を活用する国内ネットワークサービスです。最寄りのNTTインドネシアの接続拠点(Point of Presence)からお客さま拠点までを、またお客さまの拠点間を光ファイバーでつなぐ、高品質・大容量のアクセス回線です。


3.提供エリア
 East Jakarta Industrial Park(イーストジャカルタインダストリアルパーク)
 (住所:EJIP Industrial Park Plot 3A, Cikarang Selatan- Bekasi 17550)

 なお、提供エリアは順次拡大予定です。


4.料金等
 料金やその他提供メニューについては下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。

*1 地域内固定データ通信免許(Local Fixed Network with Cable Basis & Packet Switched)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング