1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「キッズセキュリティ・ミマモルメ」川崎市立学校へ導入一斉メール・登下校メール・欠席遅刻等連絡機能を提供開始!

@Press / 2021年5月11日 16時15分

01
東急セキュリティ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:下形 和永)は、株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:小坂 光彦)と業務提携を行い、東急線沿線をはじめ首都圏の公立小学校・中学校に提供している「キッズセキュリティ・ミマモルメ」を、神奈川県川崎市立学校の情報配信システムとして2021年度から導入します。

■経緯
川崎市教育委員会では、緊急情報等を学校や保護者様に配信するメールシステムを川崎市立学校向けに提供していますが、利便性向上と児童・生徒の安全を確保するという目的に合致した、新たな情報配信システムとして、一斉メール配信と登下校メール配信、欠席遅刻等連絡機能の3つの特徴的な機能を有する「キッズセキュリティ・ミマモルメ」を採用することになりました。
一斉メール配信サービスは、通常の学校から保護者様へのメール配信に加え、川崎市教育委員会から各校の管理職や保護者様へメール配信できる仕組みを備えているため、必要な情報をより迅速かつ安定的に伝達することができます。
また、欠席遅刻等連絡機能は、保護者様がミマモルメのアプリやWEBサイト上からお子様の欠席遅刻等の連絡ができる仕組みで、学校は一斉メール配信と同じ管理画面上から欠席遅刻者の一覧を確認でき、保護者様の利便性向上と教職員の業務負担の軽減を図ることができます。
さらに、ご希望の方には登下校メール配信サービス(<運用イメージ>参照)もご利用いただくことができ、川崎市立学校に通う児童・生徒の通学が、より安全・安心なものとなります。
今後も東急セキュリティ及びミマモルメは、お子様や保護者様をはじめ、お住まいの地域のみなさまの安全・安心な暮らしを支える“みまもりインフラ”を構築・提供してまいります。

【「キッズセキュリティ・ミマモルメ」について】
■サービスの内容
登下校メール配信サービスを導入いただいた学校は、学校から全保護者様へ一斉にメール配信する機能を無料でご利用いただけます。
また、欠席遅刻等連絡機能も提供しており、保護者様から学校へ欠席・遅刻連絡をアプリやWEBサイト上から登録ができ、学校は当日の欠席者をWEBサイト上で確認することができます。
登下校メール配信サービスは、ICタグを持ったお子様が校門を通過すると、保護者様にメールが配信されるサービスです(任意利用)。ICタグを持ったお子様が校門を通過するだけなので、校門付近で滞留することなく安心してご利用いただけます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/258559/img_258559_1.jpg

■導入状況(2021年4月1日現在)
東京都と神奈川県の小学校(約320校 ※2)、東京都港区と豊島区の学童クラブ(58施設)に導入

(※1)登下校メール配信サービスは有料となります。
(※2)「キッズセキュリティ・ミマモルメ」の事業主である株式会社ミマモルメが提供する「登下校ミマモルメ」と合わせて、全国で導入校約1,600校、利用者数約280,000名
川崎市においては、一斉メール配信と登下校メール配信を、2021年4月から市立小学校101校、市立中学校47校で利用開始し、欠席遅刻等連絡受付機能は、川崎市立学校(小中高特別支援)全175校へ提供しております。


阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/6b95d4887c7659765ec9a310ca3c1f5a031594da.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング