ソーリン・人工肺を組み込んだプレコネクト回路の国内販売を開始

@Press / 2012年5月30日 10時30分

PTSロゴ
ソーリン・グループの日本法人であるソーリン・グループ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉山 純男)は、ソーリン・グループ・イタリア社製の体外式膜型人工肺を人工心肺用回路システムに組み込んだプレコネクト回路、ソーリン・プレコネクトPTS(Perfusion Tubing Set)の国内販売を6月1日より開始いたします。

詳細: http://www.sorin.co.jp


人工心肺用回路システムとは心臓や大血管の手術の時、生体の心肺循環停止時に、心臓の代わりに生体内の各臓器や器官の血流を維持させ、肺の代わりに血液のガス交換を行う体外循環を人工心肺装置と併用して使用する医療機器です。
人工心肺用回路システムは個々の施設に合わせ、人工肺、送血フィルターをはじめとする多くの医療機器を組み合わせたものであり、多くの場合、手術開始時に個々の医療機器を現場で接続し、セットアップを行います。

プレコネクト回路はこれらの医療機器があらかじめ接続した状態で梱包されており、セットアップ時の誤接続の防止、緊急時などに短時間でのセットアップを可能とする製品です。
小児から成人まで、あらゆる種類の人工肺をプレコネクト回路として提供することにより、広い範囲の患者に対応する人工心肺用回路システムを用意することが可能となりました。

また、生体適合性の向上を目指し、人工肺に施行されている高分子ポリマーコーティング、フィジオ・コーティングに合わせ、人工肺以外の回路システム部分にヘパリンコーティングを追加で選択することも可能です。

簡単、確実に人工心肺用回路システムをセットアップできるソーリン・プレコネクトPTSを使うことにより、患者の皆様、ならびに医療機関の皆様に大きな便益をもたらすことができるものと期待しています。


販売名     :オキシア人工心肺回路
医療機器承認番号:22100BZX00959000
販売名     :オキシア人工心肺回路N
医療機器承認番号:22100BZX00900000

製造販売元:株式会社ジェイ・エム・エス
販売元:ソーリン・グループ株式会社


【ソーリン・グループについて】
ソーリン・グループはミラノ(イタリア)に本社を置き、カーディオ・パルモナリー(人工心肺)、ハート・バルブ(人工心臓弁)、カーディアック・リズム・マネージメント(CRM)の分野でヨーロッパを代表する医療機器メーカーです。
毎年80ヶ国以上で、100万人以上の患者がソーリン・グループの医療機器による治療を受けており、2011年の売上高はおよそ7億4340ユーロ(約825億円)、従業員数は約3,700名です。また、2004年1月にミラノ証券取引所に株式を上場しています。


【製品に関するお問合わせ先】
ソーリン・グループ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-3595-7630
FAX: 03-3595-7631
URL: http://www.sorin.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング