エンタープライズ向けファイル共有サービス「BAZA ONLINE」がベリサインの「Symantec(TM) Validation & ID Protection」を採用

@Press / 2012年6月7日 11時0分

BAZA ONLINE
株式会社ウェイズジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:関根 文彦、サルキシャン アラム、以下 ウェイズジャパン)と日本ベリサイン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下 ベリサイン)は、ウェイズジャパンが提供するエンタープライズ向けクラウド型ファイル共有サービス「BAZA ONLINE(バザオンライン)」※1にベリサインが提供するワンタイムパスワード(OTP)認証「Symantec(TM) Validation & ID Protection(以下、VIP)」※2を採用し、サービスの安全性強化を提供することを発表しました。

クラウド型ファイル共有サービス「BAZA ONLINE」は、文書やデータをクラウド上で共有・管理・配信することができるクラウドインテグレーションサービスです。
専用のソフトやハードの導入は必要なく、代表的なビジネスソフト(Microsoft Office)やメールソフト(Microsoft Outlook)※3、複合機やパソコン、スマートフォン、タブレット端末、携帯端末など手持ちの様々なソフトやデバイスから利用できます。また、オフィス書類やPDFはもちろん、写真やデザイン素材・動画など様々なファイルの利用が可能なため、業界・職種を選ばず利用できます。あくまでも「通常業務の延長」としてファイルのアップロードを行うことができるため、「アップロードが面倒で登録が滞る」というファイル管理ソフト利用時に起こりがちな問題を解消することができます。また、ファイルのアップロード時に情報を自動的に付与することができるため、タグ検索、全文検索など各種検索機能と合わせて利用することにより、埋もれさせてしまいがちなデータをより有効に活用することができます。

今回、ベリサインが提供するVIPを採用したことにより、「BAZA ONLINE」の利用者は、これまでファイルのアップロードやフォルダの共有時に、パスワードのみでアクセスができた方法から、サービスへのログイン時にワンタイムパスワードによる二要素認証を行なうことで、データ保護に対する強度が更に向上されました。

ウェイズジャパンでは今回、VIPを採用したポイントとして、以下をあげています。
●VIPは、クラウド型のワンタイムパスワード認証基盤のため、導入時の初期投資が少なく、サービスのオプションとして提供しやすい。
●サービスの利用者が増えても認証サーバの増強をする必要がなく、クラウド事業者に適している。
●認証サーバの運用がないため、少ないサポート人員でも利用できる。

@Press

トピックスRSS

ランキング