マークスタイラー、「新生マークスタイラー」として新CIを策定~世界に通用するファッション総合カンパニーの実現へ~

@Press / 2012年7月9日 13時0分

 
MARK STYLER株式会社(代表取締役会長:惠藤 憲二、本社:東京都渋谷区、以下 マークスタイラー)は、新CI(コーポレート・アイデンティティ)を策定し、新たなコーポレートメッセージのもと、世界に通用するファッション総合カンパニーの実現を目指します。


■新CI策定の背景
当社はこれまで、保有するブランドの成長とともに発展を遂げてまいりました。今後はさらに、ブランドのみならず「マークスタイラー」という一企業として、企業理念である「ファッションを通じて、社会と人類に楽しさや感動、豊かさを提供する企業であり続ける」ことを標榜し、お客様をはじめとしたステークホルダーの皆様に企業としてのコミットメントを発信していきたいとの想いから、この度、新CIを策定いたしました。


■コーポレートメッセージ
<理念>
「ファッションを通じて、社会と人類に楽しさや感動、豊かさを提供する企業であり続けます。」
<ビジョン>
「世界に通用するファッション総合カンパニーの実現」
<ブランドステートメント>
「AFFORDABLE LUXURY(アフォーダブル ラグジュアリー)」
「AFFORDABLE LUXURY(アフォーダブル ラグジュアリー)」は、「それぞれの人に、それぞれに手の届くラグジュアリーを」を意味し、お客様に、それぞれに手の届く(プライス)、最高品質(ハイクオリティー)、高付加価値(ハイビジュアル)を提供することで、“大切につくりあげられた世界観を体感いただく、そして『なりたい自分』を実現いただきたい”、そんなマークスタイラーの想いが込められています。
当社は、お客様の満足度を大切にし、お客様にとっての価値最大化に邁進してまいります。


■新コーポレートロゴマーク
新たなコーポレートメッセージのもと、コーポレートシンボルマーク・ロゴタイプを刷新いたしました。
デザイナーには、多くのメゾンブランドのブランディングを手掛けるクリエイティブ・ディレクター、DOUGLAS LLOYD(ダグラス・ロイド)氏を起用いたしました。これらこの2つのコーポレートシンボルマーク・ロゴタイプは、「時代を超越した力強さ」や、「大胆かつエレガントな存在感」を表現しており、
マークスタイラーの目指す企業像を表しています。


※コーポレートシンボルマーク http://www.atpress.ne.jp/releases/28525/a_1.jpg
※コーポレートロゴタイプ   http://www.atpress.ne.jp/releases/28525/b_2.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング