ユビタス、韓国LG U+にクラウドゲーム技術を提供

@Press / 2012年7月18日 16時30分

ソフトウェア開発企業のubitus Inc.(本社:台湾台北市、CEO:Wesley Kuo、以下「ユビタス」)は、本日7月18日より開始される韓国LG U+ Corp.(本社:韓国ソウル市、CEO:Sang-Chul Lee、以下「LG U+」)のゲームサービス「C-games」(以下、「本サービス」)にクラウドゲーム技術(以下、「本技術」)を提供します。本技術により世界で初めて商用で、同一ゲームソフトのスマートフォン、タブレット、スマートテレビ、セットトップボックス、パソコンへの同時配信が実現します。

本技術はインターネットのサーバー上でゲームソフトを実行し、実行画面をユーザーの端末から遠隔操作することで、端末の種類によらずゲームをストリーミング配信で遊べるサービスを実現します。ユーザーはゲームソフトをダウンロード不要のレンタル感覚で気軽に遊べるほか、ゲーム提供企業は移植開発の手間をかけず多数の端末にゲームソフトを配信できます。本技術による世界で初めての複数端末配信サービスとして、LG U+ではアクションゲームやスポーツゲームを含む本格タイトルを、本日より韓国のLTE対応スマートフォン・タブレットとパソコンに、年内にはスマートテレビとIPTVセットトップボックスに対して配信開始します。

本サービスを含む全世界でのクラウドゲーム配信を支援するため、ユビタスはゲーム提供企業向けに、既存のゲームソフトを本技術向けに自動設定するツール(以下、「本ツール」)を提供開始します。この第一弾として本日より、韓国ゲーム開発者協会(Korea Game Developers Association、会長:Seung-Hun Lee、以下「KGDA」)の協力の元、韓国のゲーム提供企業に対して本ツールを配布して参ります。本ツールの配布は2012年9月以降、日本を含む世界各国に順次拡大予定です。


◆ ユビタスについて
Ubitus Inc.は2007年に設立され、台北本社・東京・ソウル・北京・広州・南京を拠点とする、双方向コンテンツ配信分野の先進的なソフトウェア技術企業です。パソコンやモバイル・IPTVなど、あらゆる機器にデジタルコンテンツを配信・共有できるクラウドコンピューティング・ソリューションを開発提供しています。コンテンツプロバイダー、通信キャリア、デジタル機器メーカー等が主な顧客です。
詳細: http://www.ubitus.net/jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング