最先端のロボット技術に触れられる企画展「ロボットの世紀 -共に拓く未来-」が身延町で開催! ~なかとみ現代工芸美術館で7月22日から~

@Press / 2012年7月23日 9時30分

 身延町なかとみ現代工芸美術館(山梨県南巨摩郡)は、平成24年7月22日(日)~8月26日(日)まで「ロボットの世紀 -共に拓く未来-」を開催します。
 金沢工業大学ロボティクス学科の教授や学生によって研究が重ねられたロボットの数々をご紹介します。


【展覧会について】
 昨年夏、身延町なかとみ現代工芸美術館にて開催された「-未来を拓く技術に挑む- 平成のロボットたち」では、金沢工業大学ロボティクス学科の教授や生徒により、現代の技術を駆使して作られたロボットを展示し、災害現場での探索ロボット、山の斜面で工事作業をする4足歩行ロボット、シーラカンスの独特の泳ぎを再現したロボットなど、様々なロボットを紹介いたしました。
 今回はその続編として、同学教授と学生によって、昨年よりもさらに研究が重ねられたロボットの数々を紹介します。
 多機能で高性能なロボットを通して、革新性と創造性、優れた先端技術に間近で触れる事ができます。また、将来に向けての研究展開にも期待をもっていただけます。
 ロボットが使用される際の多様な状況を想定し、それに対応させるためのいろいろな技術も施されています。そうした開発者・技術者の工夫にもご注目ください。


【展示ロボットのご紹介 (※一部)】
・二足歩行ロボット
 ジャイロセンサ等の姿勢変化を直接検出するセンサを一切用いず、本来備わっている各関節角度を制御するための角度センサや関節トルク情報に基づき、傾斜面上での直立姿勢を保つ制御を実現した二足歩行ロボットです。

・ティクターリク(初期四肢動物ロボット)
 およそ4億年前、一部の魚が上陸し、両生類、爬虫類、哺乳類から、やがて人間へと進化しました。胸鰭から変化した初期四肢動物の前足は、その後の四肢動物と同じ骨格配置と強力な筋肉を持っており、岸に近い浅瀬で体を水中で支えることができたと考えられています。これは、初期四肢動物の歩行を模したロボットです。


【ロボットの世紀 -共に拓く未来- 概要】
会期:
平成24年7月22日(日)~平成24年8月26日(日)

会場:
身延町なかとみ現代工芸美術館

主催:
身延町/身延町教育委員会/身延町なかとみ現代工芸美術館

協力:
金沢工業大学工学部ロボティクス学科

後援:
山梨県/山梨日日新聞社/山梨放送/朝日新聞社甲府総局
産経新聞社甲府支局/毎日新聞社甲府支局/読売新聞社甲府支局
NHK甲府放送局/テレビ山梨/エフエム富士

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング