キャバ嬢、4人に1人は「実家暮らし」と実は「身近」な存在!「聞く力」が身に付いたと、ビジネススキル向上にもつながるという結果も

@Press / 2012年7月27日 10時30分

キャバ嬢をやっていてよかったことは?/キャバ嬢を始めて身についたことは?
 株式会社アウローラは、2012年7月に18歳~29歳の現役キャバ嬢・キャバ嬢経験者の女性300人に対し「キャバ嬢の実態調査」を実施いたしました。

【調査結果詳細】

■“キャバ嬢をやっていて良かったこと”、
 「コミュニケーション能力が磨かれた」が意外にも2位に

 「キャバ嬢をやっていてよかったこと」について尋ねた(複数回答可)ところ、「給料が高額」(得票数149)が1位と、一般的な“夜の仕事”に対してのイメージ通りの結果となりました。しかし、2番目に票を集めたのは、意外にも「コミュニケーション能力が磨かれた」(同95)。
 加えて、「昼間はどんな過ごし方をしていましたか」と尋ねた(複数回答可)ところ、正社員や派遣、バイトをしながら夜はキャバ嬢として働いている女性が30.7%と、全体の2位という結果に。フリーコメントでは「普段の生活では教われない礼儀作法が身についた」「人間の本性とか、経済について深く考えられるようになった」などがあり、同年代の女性よりも経験を積む機会があることもうかがえます。

 キャバクラで働くことは、多くの人に接することができるという事に加え、“夜の仕事”ならではの対応力が求められ、通常よりもコミュニケーション能力が磨かれる、それが昼間の仕事にも生きてくるという結果は、コミュニケーション能力が不安な人にとって、キャバクラで働くことで能力を高めることができるかもしれません。一日体験入店も用意されている店も多く、一度経験してみるのもよいのではないでしょうか。

最近では体験入店専門情報サイトもあり、簡単に希望条件と照らし合わせて
お店を見つけることができます。 http://www.tainew.com/

▼グラフ(上): http://www.atpress.ne.jp/releases/28851/5_1.jpg


■身についたことは、生存競争を生き抜く“チカラ”
 一般的な社会人よりもスキルが高い!?

 次に、「キャバ嬢を始めて身についたこと」を尋ねた(複数回答可)ところ、「聞き上手になった」(得票数189)、「話し方が上手になった」(同106)、「メイクが上手になった」(同83)、「ニュース番組をよく見るようになった」(同68)と、女性ならではのメリットよりも、社会人として必要な“チカラ”が身についたようです。
 お客に多いビジネスマンを相手にする仕事柄、「聞き上手・話し上手」「情報を得る習慣」など、生存競争を生き抜くために情報収集に励むなどの地道な努力を重ねているようです。

@Press

トピックスRSS

ランキング