秋田美人の秘密を解明!? 秋田県特産品『じゅんさい』の機能性素材を新開発

@Press / 2012年9月4日 17時0分

じゅんさい画像
 オリザ油化株式会社(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長:村井 弘道、以下 オリザ油化)と、株式会社Harvestech(本社:秋田県秋田市、代表取締役:浜田 健太郎、以下 ハーベステック)は、このたび、秋田県の特産品である『じゅんさい』に新規機能性、新規成分を見出し、じゅんさいの未利用資源を活用した『じゅんさいエキス』の製品開発に成功致しました。2012年10月初旬の「食品開発展」(東京ビッグサイト開催)にて新製品の発表を行い、美容や生活習慣病対策に訴求した新しい機能性素材としての展開を開始致します。


≪1.『じゅんさい』について≫
 じゅんさい(学名:Brasenia schreberi)とは、スイレン科ジュンサイ属の多年生水生植物で澄んだ淡水の池沼に自生する植物です。水が育む夏の風物詩として古くから食されており、万葉集にも「沼縄(ぬなわ)」としてうたわれています。
 かつては日本全国で観察されましたが、今や四都県で絶滅、二十一県で絶滅または準絶滅危惧種となっています。秋田県三種町は、国内のじゅんさい生産量の9割以上を占める特産地です。世界自然遺産の白神山地から流れ込む豊富な水資源と美しい自然環境が、質の高いじゅんさいを育んでいます。
 じゅんさいの特徴は、全体を包み込むゼリー状の「ぬめり」にあります。ぬめりに覆われた幼葉と、それに隣接する茎が食用となり、葉が若く小さいほどゼリー状物質が多く、上等品とされています。その独特の食感から料亭等の高級食材として珍重されており、低カロリーでヘルシーな自然食品としても認知されています。


≪2.『じゅんさい』の機能性と新規成分等について≫
◆じゅんさいの機能性
 じゅんさいの機能性については、これまでほとんど知られていませんでした。ハーベステックは秋田県総合食品研究センターと共同で、じゅんさいの機能性について研究を進め、その結果、細胞内のコレステロールや中性脂肪等の脂質代謝改善作用を発見し、動物試験で内臓脂肪の蓄積を抑える効果を確認致しました。更にヒト試験では、動脈硬化や心疾患を引き起こす要因として近年注目され、「超悪玉コレステロール」とも呼ばれている「小型LDLコレステロール」を改善する効果を確認致しました。このような研究成果から、生活習慣病の予防・改善、抗メタボ機能性食品素材としての可能性を見出し、特許出願や論文・学術集会における発表を行いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング