ネクスト・イット、業界をリードする高精度なマルウェア自動動的分析ツール「GFI SandBox」を国内販売品目に加え販売を開始― 悪意のあるURL、フラッシュ広告など、ほぼすべてのWindowsアプリケーション、Windowsファイルを効果的に分析 ―

@Press / 2012年9月6日 11時30分

ネクスト・イット株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:仲西 敏雄、以下 ネクスト・イット)は、GFI Software社の国内総代理店で、この度、同社製「マルウェア自動動的分析ツールGFI SandBox(ジー・エフ・アイ サンドボックス、旧 CW SandBox)を販売品目に加え、本日、2012年9月6日から販売を開始したことを発表しました。

近年、世界中で、政府機関や大企業を対象に巧妙化したマルウェア(StuxnetやFlameなど悪意のあるソフトウェア)による標的型攻撃が増加しています。国内でも、2010年以降、政府や大手企業を狙った標的型攻撃が把握されています。警察庁によると2012年上半期に標的型攻撃552件が把握されており(2011年下半期の509件からおよそ10%の増加)、4月から6月の間だけでも327件が把握されており、増加傾向を見せています。マルウェアは、ウィルス対策ソフト、ファイアウォール、侵入検知・防御システムといった既知の脅威を検出する従来のセキュリティ防御策を回避する能力を持っているため、高い確率で侵入に成功します。こうした最新の脅威に対抗するには、動的マルウェア分析ツールを使って対抗措置を講ずることが重要です。

「GFI SandBox」では、業界をリードする高精度なマルウェア自動動的分析ツールで、外部に悪影響を及ぼさない「サンドボックス(IT用語で保護された領域の意)」内でコードを実行することによって、マルウェアサンプルやURL先を迅速かつ正確に分析することができます。「GFI SandBox」では、分析実行マシン上で実行されたファイル、アプリケーション、URL接続に関するイベント情報、つまりアプリケーションが実行される仕組み、システムやレジストリに加えられた変更内容、生成されたネットワークトラフィックの内容、その他をキャプチャします。キャプチャされたデータは「GFI SandBox」サーバに送り返され、顧客のニーズに応じて複数のフォーマットで記述、レポートされます。1件毎のサンプルを非常に短い時間(通常2分以内)に、詳細に分析することができ、また、分析プロセスを自動化できるので、貴重な時間、コスト、リソースの節約にも大きく寄与します。

「GFI SandBox」は、(1)企業内外の顧客を保護する「緊急対応チーム」や「SOC(セキュリティ運用センタ)」、(2)企業内情報保証、企業内IT部門、(3)セキュリティ製品ベンダ、またはマルウェア分析者、(4)デジタル広告ネットワーク、Webポータル作成企業、またはこれらのチェック部門、(5)警察機関やデジタル フォレンジック捜査官によって活用されます。

@Press

トピックスRSS

ランキング