スマホサイト特化型ユーザビリティ改善コンサルティングサービス提供開始~4か月間で売上3億2,000万円の売上増加の事例あり~

@Press / 2012年9月11日 9時30分

アンケート調査1 N=520
ECマーケティング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:中山 高志)は、スマホサイトに特化したサイトユーザビリティ改善コンサルティングサービスの提供を開始します。

サービス詳細URL
http://www.ecmarketing.co.jp/service/sp-usability/


2016年度のスマートフォンの出荷台数は3千5百万台にも達する見込みで、その増加に伴いECでのスマートフォン経由の売上も2012年に入ってから急激に伸びております。
本サービスは、PCサイト、モバイルサイトでのユーザビリティ改善のノウハウの延長とスマートフォン独自のユーザビリティ改善ノウハウを統合したサービスとなっております。既に大手ECサイトでの試行錯誤を繰り返した知見を提供するサービスで、月商1千万~1億円程度の中堅EC事業者様へも導入しやすいものとなっております。

当社では独自にスマートフォンユーザビリティに関する調査を行い、スマートフォンECサイトにおける課題を洗い出し体系化したノウハウを保有しており、本サービスのレベル強化に役立てております。

また、アンケート調査によるとスマートフォンで買い物をよくすると答えたユーザーからはスマートフォンECの可能性とのユーザビリティの重要性を伺うことができます。


【アンケート調査1 N=520】
ガラケーの利用時と比較して、スマホでのECの利用回数が増えましたか?

増えた   56%
変わらない 42%
減った   2%

<考察>
ガラケー利用時と比べてECの利用が減ったユーザーはわずか2%で、56%のユーザーがスマートフォンを利用することにより、ECの利用が増えたと回答しています。
スマートフォンのEC利用率UPの背景には、ガラケーからの機種変更だけではなく、表現力が強化されたためPCからの移行も影響しており、今後よりユーザーの増加が期待されます。


【アンケート調査2 N=520】
スマホECを利用している際、誤操作がありますか?

ある 66%
ない 34%

<考察>
スマートフォンEC利用者で誤操作があると答えたユーザーは66%にのぼり、携帯でECに慣れたユーザーもスマートフォンでは利用に不満を感じている可能性が高いと思われます。


【アンケート調査3 N=520】
スマホECを利用している際、サイトに対してよくない印象を持つ点

              全体  ECヘビーユーザー
商品のわかりやすさ     9.4% 9.2%
全体的な見やすさ      8.9% 8.7%
文字の大きさ        8.9% 8.1%
トップページのデザイン性  8.3% 9.2%
商品の写真         7.6% 8.7%
サイト構成のわかりやすさ  6.6% 6.8%
ナビゲーションの使いやすさ 6.3% 7.4%
文字入力のしやすさ     6.0% 6.3%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング