【生活者分析】『歩く』ことはトレンド!?

@Press / 2012年10月2日 9時30分

『できるだけ歩く人』が増加
ブランド戦略コンサルティング会社の株式会社リスキーブランド(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:田崎 和照)は、当社が毎年実施している生活意識調査MindVoice調査データ(約4,000サンプル/年)から、2010年と2012年のデータを用いて「美容・健康・身だしなみのために、日ごろ行っていること」についての分析を行いました。

詳細: http://www.riskybrand.com/topics/report_report_121002/


【サマリー】
・「美容・健康・身だしなみのために、日ごろ行っていること(複数回答)」という質問に対して、「できるだけ歩く」と答えた人がこの2年で急増し3割を超えました。

・「できるだけ歩く」と答えた人は、2010年では23.3%でしたが2012年では32.0%となり、この2年で8.7ポイント増加しました。食生活・睡眠・ビタミン剤など、他の健康・美容法をあげた人は総じて微減傾向であった中、「できるだけ歩く」と答えた人だけが増加したことが注目に値します。

・「できるだけ歩く」人は、絶対値としては年配層に多い傾向にありますが、増減ポイントをみるとどの年代層でも10ポイント近く増加しています(下チャート参照)。『歩く』ことへの関心は、年配層だけではなく、幅広い年代で高まっていると理解できます。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/30324/a_1.png


■年代別にみた「できるだけ歩く」人の割合
      2010年  2012年 増減
      (%)   (%)  (pt.)
10~20代  17.5   25.5  + 8.0
30~40代  22.3   30.3  + 8.0
50~60代  30.5   40.7  +10.2

世の中には健康・美容に関連する商品・サービスは数え切れないほどあります。成分の効能を訴求し「これを服用すれば健康・美容に良い」などといったプッシュ型のマーケティング手法も少なくありませんが、なかなか効果が実感できない場合や継続が難しい場合もあるでしょうし、商品・サービスの差別化が難しい場合も少なくありません。

『歩く』ことは、少し意識を変えるだけで誰でも、継続できる健康・美容法だといえます。『歩く』ことを切り口にした新しい商品・サービスの市場機会が期待できます。


■「できるだけ歩く」人は、自然志向・地球市民意識・シンプル志向が強いオピニオンリーダー

@Press

トピックスRSS

ランキング