グラモ、スマホ・タブレットから家電を“音声”で制御可能に 『iRemocon』アプリに新機能を追加して、10月10日より公開!~ Google Playにて利用料無料で、節電にも活躍 ~

@Press / 2012年10月10日 10時0分

利用イメージ図
株式会社グラモ(本社:埼玉県新座市、代表取締役社長:後藤 功)は、自社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』のAndroid版スマートフォンアプリ、タブレットアプリの機能を拡張し、音声で市販の一般家電を制御できる仕組み(以下、本機能)を開発し、10月10日にGoogle Playにリリースいたしました。

Android版『iRemocon』アプリのダウンロード
Google Play: https://play.google.com/store/search?q=iRemocon


『iRemocon』の発売開始から1年が経過し、日々頂く『iRemocon』ユーザー様のご要望の中から、特に体の不自由なユーザー様から頂いたご要望に応え、本機能を開発しました。
また、健常者のユーザー様に対しては、今までに無い、新しい利用シーンのご提案となります。

これまで一般的な音声制御を実現するには専用の機器が必要でしたが、『iRemocon』とスマートフォンを利用することにより、赤外線リモコン対応家電であれば、仮に10年前のエアコン等の機器でも音声制御が可能となります。
音声制御機能は、2012年10月10日にリリースし、Google Play上からダウンロードができます。
既に『iRemocon』をご利用のユーザーは、『iRemocon』アプリのバージョンアップを行うことで無料でお使い頂けます。

音声認識機能をONに設定すると、常に音声認識待ち受け状態となりますので、ボタン等を操作することなく、完全に音声のみでの家電操作が可能です。
『iRemocon』の機能としてマクロ機能(複数の家電を自動制御する機能)にも対応しておりますので、例えば、「いってきます」という音声と連動して照明やエアコン、TVなどの電源を一斉にOFFになる。といった利用も可能です。
予め設定を行っていれば、体を動かせない状態の方や、目の不自由な方にも便利にお使い頂けます。

また、こまめに家電を操作することにより、節電にも活躍いたします。


【利用イメージ図】
http://www.atpress.ne.jp/releases/30569/a_1.jpg
『iRemocon』のAndroid版アプリから「音声認識」を有効にすることで、音声操作モードとなります。


自社は、現在、iOS版アプリでの同機能や、住宅環境に組み込むことが可能なスタンドアロン型の家電音声認識サーバーの開発に着手しており、順次製品化を予定しております。
自社は、今後も、家庭用電化製品のコントロールという分野で、「既存の制約に縛られることなく、誰でも簡単に。もっと自由で便利な生活のご提供」を目指して様々な製品・サービス開発を行って参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング