Excelなのにクラウド?「ShiftMAX」を新発売 ~Excelとクラウドのハイブリッド新感覚シフト勤怠システム~

@Press / 2012年10月9日 14時30分

エクセルなのにクラウド?
KYODOU株式会社(代表取締役:澤橋 秀行、以下 KYODOU)は、Excelとクラウドのハイブリッド型シフト勤怠システムShiftMAX(シフトマックス)を新発売いたしました。

<製品詳細> http://kyodou.net/services/


KYODOUがリリースしたExcelとクラウドのハイブリッド型シフト勤怠システムShiftMAX(シフトマックス)は誰もが使いやすくカスタマイズ性に優れた「Excel」と大量データの保管・管理に適した「クラウド」を融合したハイブリッド型のシフト勤怠システムで、リクルートが運営するキーマンズネットでは、週間閲覧ランキング1位を獲得し、現在、注目を集めています。
http://www.keyman.or.jp/pd/coresys/erp/10021878/
(2,800ある製品の平均閲覧数の10倍以上の問い合わせが殺到しています。)

以下、キーマンズネットより抜粋

【5】製品閲覧ランキング ~Excelなのにクラウド?新感覚の勤怠管理~
今週の1位はKYODOUの新感覚「勤怠管理システム」です!シフト・勤怠管理を「Excelを使って行っている」という企業が多い中、Excelで作った勤怠管理がそのままクラウド化できるとしたら…?新しい勤怠管理システムに必見です!
2012年9月11日~2012年9月17日


■製品の特長
製品の特長は、Excelとクラウドが直結するという点です。

<シフト・勤怠管理の効率化に>
現在、シフト・勤怠管理を「Excelを使って行っている」という企業は多くおられます。しかし、複数の部署や拠点、正規/非正規社員が混在し、入れ替わりが多い現場では、このような管理方法では手間がかかり、ミスの原因にもなりかねません。こうした課題に「SaaSの活用」は効率的ですが、現場では従来とは異なる操作を覚えるのは負担となります。それを解決したのが、ShiftMAX(シフトマックス)の大きな特長です。

<使い慣れたExcelの操作なので安心>
Excelで操作できる【リアルタイム勤怠管理システム】ShiftMAX(シフトマックス)。一般的なSaaSでは、Webブラウザに入力し操作を行いますが、このShiftMAX(シフトマックス)は、Excelに入力した情報をワンクリックでクラウド上にアップデート/更新できます。つまり、ExcelがWebブラウザのような役割を担っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング