オールインワン型NFCリーダー・ライタ端末「SPAY-6000 / 6100」発売 一台でサービスに必要な機能を提供可能なNFC端末装置を発売

@Press / 2012年11月1日 9時30分

「SPAY-6000」
株式会社M2モビリティー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:橋本 清治)は、韓国NFCドングル(NFCリーダー・ライタとPC本体一体型端末を韓国では“ドングル”と呼ぶ)のトップメーカであるSCSPRO株式会社(エスシーエスプロ、所在地:韓国ソウル、代表者:James Kim)の最新モデル「SPAY-6000 / 6100」(エスペイ6000 / 6100)を、11月1日より日本で販売開始いたします。(「SPAY-6100」は12月15日より)

【「SPAY-6000」概要】
本製品は現在話題のNFC(Near Field Communication)規格に準拠した最新のNFCリーダー・ライタモジュールを搭載し、ホスト機能、通信機能を一体化した製品です。以前のFelica(フェリカ)をはじめとする非接触系システムでは、USB型リーダー・ライタとPC等のホストが個別に必要でした。システムが大型になる上、コストも高いという難点がありましたが、本製品はこれらの機能をスタイリッシュでコンパクトな筐体にひとつに収め、様々なアプリケーションやサービスをあらゆる場所で提供可能としております。

「SPAY-6000」の特徴的な機能として、4.3インチのカラー液晶にはタッチパネルを搭載し、タッチによる操作が可能です。また動画再生機能をもち、HD品質の動画再生を実現することでPOP的な使用も可能となっています。
通信ポートは、イーサネット、USBホスト、シリアル通信を装備し、またWiFiもUSBポート経由で利用可能など、応用範囲は広いです。また上位機種である「SPAY-6100」は表面に高感度カメラを備え、世界最高性能の認識エンジンにより30種類以上の1D / 2Dバーコードを認識する事が可能です。携帯端末やスマホがNFCやFelica等を備えていなくても、この1D / 2DバーコードリーダーでQRコード等を読むことができます。たとえばiPhoneのPassbookのバーコード読みとりがレジ周りでできるようになります。
ホスト部分はLinux カーネルV2.6を搭載し、専用のAPI、SDKも提供されるため開発者によるアプリ開発やサービス開発が可能です。


【価格】
オープン価格で、直販や取次店のクレスコ・アイディー株式会社、取次店およびNFC組み込み系アプリ・サービス開発ベンダーの株式会社アクアビットスパイラルズ、株式会社ハヤト・インフォメーション、その他代理店を通じて初年度2万台の販売を見込んでおります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング