“開発期間2年 敏感な素肌のために誕生”『スキンバランス ボディゲル』『スキンバランス ボディソープ』発売

@Press / 2012年11月5日 10時0分

スキンバランス ボディゲル
株式会社ヒューレー(本社:北海道札幌市、代表取締役:清野 雅大)は、やさしさと強さの両立を目指したドクタープロデュースのスキンケア「緑の森」から、低刺激性ボディケア『スキンバランス ボディゲル』『スキンバランス ボディソープ』を2012年11月1日に発売いたしました。すでにオールインワンゲルにおいて定評のあるmidorinomoriのスキンケアの流れをくみ、デリケートな肌への刺激を極力抑えながら、厳選された美容・保湿成分を配合。水分・油分バランスの整った肌へ導く低刺激性ボディケアアイテムです。


■発売の背景
『乾燥肌なので夏でもボディケアは欠かせない』『市販のボディソープがピリピリしみる』『胸や背中のニキビも、すねの乾燥も両方気になる…』といった悩みを持つ敏感な素肌のために、約2年の開発期間を経て誕生しました。ボディ特有の肌環境(皮膚の薄さや皮脂分泌量が様々・汗による肌トラブルを感じる)を考慮しています。洗浄⇒保湿のステップにおいて、トラブル肌に起こりがちなバリア機能の水分不足から起こる悪循環を防ぎ、すこやかな肌サイクルへ導きます。また、水分不足の他に肌への刺激になる要因は冷房・汗・皮脂・脱毛など季節を問わないため、肌荒れ防止成分を配合。1年を通じて、肌のバリア機能を守りながらすこやかな肌へ導くボディシリーズです。赤ちゃんにもご使用いただけます。


■商品特徴
乾燥のサイクルをストップ。敏感な素肌をうるおす『スキンバランス ボディゲル』
~バリア機能に着目した高保湿ゲル~

特徴(1)【ゲルにラメラ構造を採用】
角質層※内の細胞間脂質は、水分・油分が多層化したラメラ構造。この層がくずれると、水分を保てず乾燥をくり返してしまいます。そこでゲルにもラメラ構造を採用し、肌本来のバリア機能を補います。※肌表面のバリア機能
http://www.atpress.ne.jp/releases/31010/b_2.jpg

特徴(2)【肌の事を考えた、徹底した低刺激処方】
防腐剤フリーの他、無香料・無着色・アルコール(エタノール)フリー・石油系合成界面活性剤フリー・鉱物油無添加。

特徴(3)【厳選した美容・保湿成分】
顔以上に乾燥しがちな手脚もうるおいで満たす美容・保湿成分を配合。
肌荒れや外部刺激から長時間肌を守ります。
リピジュア(ポリクオタニウム-51)(バリア機能強化)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)、ビワ葉エキス(コラーゲン保護)、シャクヤク根エキス(収れん・角質水分量増加)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング